この星の格闘技を追いかける

【UFN149】M-1グローバル・バンタム級王者エヴォエフが、TOP FCフェザー級王者チェに完勝

<フェザー級/5分3R>
マフサル・エヴォエフ(ロシア)
Def.3-0:29-26.29-27.29-27
チェ・スンウ(韓国)

鋭いロー、右を放つ──1回り大きなTOP FCフェザー級王者チェ。対するM-1グローバル・バンタム級王者エヴォエフが前に出て右リードアッパー、チェも右フックを返し、ヒザ蹴りを前進に合わせようとする。左フックを見せて、抜群のタイミングで組んだエヴォエフ。チェはケージを背に耐えるが、結局はテイクダウンを許してしまう。クローズドガードのチェに対し、エヴォエフは時折上体を起こしてパンチを振り落とす。

さらに勢いのある鉄槌を連打したエヴォエフが、トップキープを続け細かいパンチを続ける。後方回転から立ち上がったチェだが、ヒザ蹴りを連続で受け、スクランブルで後方からパンチを被弾し続け厳しい初回となった。

2R、チェの右ミドルに、左ミドルを返すエヴォエフ。両者、前に出てエルボーを狙い、直後にエヴォエフが組んでケージにチェを押し込む。ヒザを返すチェは、左腕を差し上げたエヴォエフの顔面にヒザを当てたが、直後にシングルレッグで崩される。すぐに立ち上がったチェをボディロックでテイクダウンしたエヴォエフは、三角絞めを防ぎスクランブルからバックへ。

ここでチェがヒザをマットにつけている状態で、頭部にヒザを入れたエヴォエフが1Pの減点を命じられる。スタンドで試合が再開されると、ここでもエヴォエフがチェの左にダブルレッグを合わせてバックを取る。そのままケージにチェを押し込んだエヴォエフだったが減点があり9-9のイーブンのラウンドとなった。

最終回、ダブルレッグで即テイクダウンを決めたエヴォエフ。チェはクローズドガードを取り、オープンから一気にスクランブルに持ち込もうとしたが、エヴォエフがダブルレッグからボディロックでテイクダウンを狙う。内またを狙ったチェに対し、バランスをキープしたエヴォエフは、徹底してテイクダウン&壁への押し付けを続ける。

ようやく離れることに成功したチェだったが、スピニングバックフィストにテイクダウンを合わされケージに押し込まれる。バックコントロール&パンチの連打を受けたチェはハイクロッチで持ち上げられ、最後までエヴォエフの組み&追い込みに苦しみ0-3の判定で敗れた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gokikai Karate