この星の格闘技を追いかける

【UFN149】計量終了 K太郎はKポーズ。アリスター「彼は友達。でもぶっ飛ばすと言うべきなんだろう」

19日(金・現地時間)、 20日(土・現地時間)にロシアはサンクトペテルブルクのスポルチ・コンプレクス・ユビリニで開催されるUFN on ESPN+07:UFN149「Overeem vs Oleinik」の計量が行われた。


昨年9月に続き、2度目のロシア大会は旧都サンクトペテルスブクで開催され、そのセレモニアル計量にロシアのファンが大いに盛り上がっていた。

メインはオランダ✖ロシア対決=アリスター・オーフレイム✖アレクセイ・オレイニク。フェイスオフでがっちりと握手をした両者は、オレイニクが「このエモーションを明日も持続する。皆の応援があれば、素晴らしい試合になる」と話し、アリスターは「彼は偉大やヤツで、過去には何度かトレーニング・キャンプを行った友達なんだ。でも、ぶっ飛ばすと言うべきなんだろうね。凄く体調が良いので、良い試合になるだろう。アレクセイが前に出てくることを願っている。そうしたら動きが多い、良い試合になる」とコメントした。

ロシアのスルタン・アリエフと対戦する中村K太郎にブーイングが送られることはなく、スケールの上でKポーズを決める。その後K太郎は腕を組んでアリエフとフェイスオフを行った。またトップFCフェザー級王者からUFCデビューを決め、M-1バンタム級王者マフサル・エヴォエフと対戦するチェ・スンウは、韓国人ファイターらしく──相当な減量を乗り越えているのであろう──フェザー級を越えたフェザー級ボディを披露していた。

■UFN149計量結果

<ヘビー級/5分5R>
アリスター・オーフレイム: 245ポンド(111.13キロ)
アレクセイ・オレイニク: 237ポンド(107.5キロ)

<ライト級/5分3R>
イスラム・マカチェフ: 155ポンド(70.31キロ)
アルマン・ツァルキャン: 155ポンド(70.31キロ)

<ヘビー級/5分3R>
セルゲイ・パブロビッチ: 254ポンド(115.21キロ)
マルセーロ・ゴルム: 250ポンド(113.4キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
デビン・クラーク: 206ポンド(93.44キロ)
イワン・シュティルコフ: 204.5ポンド(92.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
アントニーナ・シェフチェンコ: 125ポンド(56.7キロ)
ロクサン・モダフェリ: 125ポンド(56.7キロ)

<ミドル級/5分3R>
クリシュトフ・ヨッコ: 185ポンド(83.91キロ)
アレン・アメドフスキー: 186ポンド(84.37キロ)

<フェザー級/5分3R>
マフサル・エヴォエフ: 146ポンド(66.22キロ)
チェ・スンウ: 145ポンド(65.77キロ)

<ウェルター級/5分3R>
スルタン・アリエフ: 170ポンド(77.11キロ)
中村K太郎: 171ポンド(77.56キロ)

<ライト級/5分3R>
アレクサンドル・ヤコブレフ: 155ポンド(70.31キロ)
アレックス・ダ・シウバ: 156ポンド(70.76キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マルチン・ティブラ: 249ポンド(112.95キロ)
シャミル・アブドゥラヒモフ: 258ポンド(117.02キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ガジムラッド・アンディグロフ: 204.5ポンド(92.76キロ)
ミハウ・オレキシェイジュク: 206ポンド(93.44キロ)

<ライト級/5分3R>
マゴメド・グスタエフ: 154.5ポンド(70.08キロ)
ラファエル・フィジエフ: 155ポンド(70.31キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gokikai Karate