この星の格闘技を追いかける

【Pancrase304】BBAなめんな! 藤野恵実がグーセヴァから最終Rにテイクダウンを奪って粘り勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
藤野恵実(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
クセニヤ・グーセヴァ(ロシア)

藤野がクラウチングスタイルで中に入る。サウスポーのグーセヴァは距離を保とうとするが、藤野が組み付いてハイクラッチでグーセヴァをケージに押し込む。両脇を差し上げた藤野は、外掛けでテイクダウンを狙うも、耐えるグーセヴァ。ここでレフェリーのブレイクが入る。再開後、右ジャブを繰り出すグーセヴァ。藤野はグーセヴァの左右に回りながらパンチを放つ。再び組み付いた藤野はケージ際へ。

相手の左脇を差しつつ、グーセヴァの頭を抑えようとした藤野だったが、グーセヴァは離れる。打撃戦では左ジャブを当てていく藤野。ラウンド残り1分が近くなったところで組み付き、脇を指してグーセヴァをケージに押し込む。頭をおっつけてヒザを打ち込むも、展開を変えられず1Rを終えた。

このラウンドはジャッジ3者とも10-9で藤野を支持。

2R、相手の左に回りながら左フックをクリーンヒットさせた藤野。しかしグーセヴァの右ジャブと左ストレートを被弾してしまう。左右のストレートから相手の懐に飛び込んでいく藤野、相手のジャブをかわし組み付くと、またもケージへ押し込んでいく。グーセヴァが体勢を入れ替え、藤野をケージに押し込む形になるも、離れた藤野がパンチを放ちながら再び組み付き、ケージ際でテイクダウンを狙う。ブレイク後、距離を詰める藤野に対し、グーセヴァは左ミドル。ダブルレッグを仕掛けた藤野は、ハイクラッチでケージ際へ。そのまま2Rを終えた。

2ラウンドはジャッジ3者が10-9でグーセヴァを支持。勝負は最終ラウンドへ。

最終ラウンド。細かいローを繰り出すグーセヴァに組み付き、ヒザを着かせた藤野。起き上がったグーセヴァをケージに押し込み、首を抑える。離れた両者、藤野はパンチから両脇を差して、ケージ際の展開へ。ブレイク後、藤野がグーセヴァの左ハイをキャッチし、グラウンドに持ち込む。ケージ際で抑え込み、鉄槌を落とす藤野。足を利かせるグーセヴァにパンチを当てていく。グーセヴァも下から藤野の左腕を抱え、腕十字を狙うも失敗。再び抑え込んだ藤野が左ヒジを落とし続け、試合終了のブザーを聞いた。

判定結果はユナニマスで藤野。昨年8月、QOP戦で敗れて以来の復帰戦で勝利を収めた藤野は「BBAなめんな!」と叫んだ。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday