この星の格闘技を追いかける

【UFC236】減点のあるイマダエフ、強さが勝利につながらずグリフィンに判定負け

<ウェルター級/5分3R>
マックス・グリフィン(米国)
Def.3-0:29-27.29-27.28-28
ゼリム・イマダエフ(ロシア)

いきなりワンツーを当てたグリフィンが、イマダエフの右フックにテイクダウンを合わせる。尻もちをついたイマダエフにグリフィンがアンクルピックを仕掛ける。イマダエフがケージを掴んで耐え、一発で減点に。再開後、右腕を差し上げ内股気味に投げたグリフィンは、バックに回った足をフックせずにRNCをクラッチをかえて続ける。

左足を入れ、ネッククランク気味の絞めを仕掛けたグリフィンはここで一旦離れる。イマダエフの後回し蹴りにもジャブを当て組みついたグリフィン。イマダエフは体を入れ替え、ワキを潜ってバックを伺う。すぐに胸を合わしたグリフィンはケージを背にしてもテイクダウンを許さなかった。

2R、ラウンド開始直後に組み合いでバックに回ったグリフィンだが、逆にケージに押し込まれる。離れたグリフィンが再び組んでバックへ。前転からスクランブルに持ちこんだイマダエフが右ローを蹴っていく。さらに左フックを当てると、グリフィンが左ジャブを当て、イマダエフの右オーバーハンドにダブルレッグを合わせる。すぐに立ち上がったイマダエフが、グリフィンをケージに押し込みスピニングエルボーを狙う。かわしたグリフィンはケージ際から離れ、続く回転ヒジにダブルレッグを合わせる。倒されてもすぐに立ち上がり、逆にケージにグリフィンを押し込みながらテイクダウンは取れないイマダエフが、右を当てる。

グリフィンの足元が怪しくなるも、ここでイマダエフスピニングバックエルボーを空振りする。そこにダブルレッグを仕掛けたグリフィンは、打撃で攻勢なのに組みに付き合い時間を費やす。それでもヒザ蹴りを入れ、完全に疲れたグリフィンをリードしたラウンドとなったか。

最終回、右を当てたグリフィンは右ミドルをも入れる。イマダエフは右アッパー、右ストレートを当てワンツーへ。一旦組んでから、左右のフック&飛びヒザを繰り出したイマダエフが前に出る。下がるグリフィンに右を打ち込み、パンチのラッシュに出た──かなに見えたイマダエフが、また組みつく。さすがにここはすぐに離れたイマダエフが左フックをヒットさせる。

ディフェンスのためのパンチを出していたグリフィンが、テイクダウンへ。またも組の展開に付き合うイマダエフは、ヒザ立ち状態のイマダエフの胸板にヒザを蹴り込む。ここからイマダエフはまたもレスリング勝負へ。最後の10秒、グリフィンの回転バックヒジに右を当てたイマダエフがパンチで攻勢のなかタイムアップに。

初回に減点のあるイマダエフは、試合の組みてた方があまりに拙く判定負けとなった。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday