この星の格闘技を追いかける

【Gladiator009】計量終了 石川史俊「挑戦者のつもりで」✖長岡弘樹「強い気持ちで向かっていく」

Gladiator009【写真】グラジエイター3人の王者と対戦する韓国勢も含め、出場全26選手が問題なく計量を終えている (C)GLADIATOR

13日(土)、明日14日(日)に大阪市城東区の城東区民センター=KADO-YAがよもんホールで開催されるGLADIATOR 009の計量が総合格闘スタジオSTYLEで行われた。


Ishikawa vs Nagaoka全出場選手が問題なくパスとなった計量に続き、 DXFCウェルター級選手権試合の会見が開かれた。

乾真治実行委員長 により引き出されたチャンピオン石川史俊とチャレンジャー長岡弘樹のコメントは以下の通りだ。

石川史俊
「長岡選手、凄い良い選手です。キャリアも凄く長くて、僕よりも実力ある選手だと思っていて。僕が一応チャンピオンですが、挑戦していく感じで試合していくので。全力を出して防衛出来るよう、頑張りたいと思います」

長岡弘樹
「今回、タイトル戦のチャンスいただいて凄く感謝しています。この試合にかけて、やれることはすべて準備してきたので。試合展開は予想できないという話がありましたが、勝負できる、相手が嫌がっているところを狙い、全てを出し切り、何がなんでも勝ちにこだわってベルトを取りたいと思います。チャンピオンが、挑戦するつもりだと言ってくれたんですけど、自分も強い気持ちで向かっていきますので、明日は熱い試合をしたいと思います」

■Gladiator009計量結果

<バンタム級/5分2R>
じゅん:61.15キロ
ジョン・サンジン:61.2キロ

<ウェルター級/5分2R>
レッツ豪太:76.85キロ
ジュン・ユンジェ:76.7キロ

<DXFCウェルター級選手権試合/5分3R>
[王者]石川史俊:76.6キロ
[挑戦者]長岡弘樹:76.9キロ

<ライト級/5分2R>
ウエタ・ユウ:70.3キロ
マックス・ザ・ボディー:69.95キロ

<フライ級/5分2R>
NavE:56.6キロ
パク・スワン:56.キロ

<フライ級/5分2R>
宮城友一:56.4キロ
横溝和也:56.6キロ

<バンタム級/5分2R>
竹本啓哉:61.2キロ
キム・ジンクック:60.6キロ

<フェザー級/5分2R>
天草ストロンガー四郎:65.75キロ
森宏之:65.65キロ

<フライ級/5分2R>
ヤックル真吾:56.5キロ
大翔:56.25キロ

<フェザー級/5分2R>
中川皓貴:65.75キロ
今村豊:65.45キロ

<バンタム級/5分2R>
増田拓真:61.1キロ
三上真司:60.95キロ

<ウェルター級/5分2R>
スティーブン・ギレスピ:76.85キロ
クォン・ドヒョン:76.5キロ

<フライ級/5分2R>
親川龍:56.45キロ
道端正司:56.5キロ

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday