この星の格闘技を追いかける

【KSW47】計量終了 クロアチア国旗とともにパブ計量に臨んだ石井慧。チャンプ対決ナルクンはやや緩め

Junior vs Ishii【写真】石井慧はクロアチア国旗とともにKSWに現れた(C)KSW

23日(土・現地時間)にポーランドはウッチのアトラス・アリーナで開催されるKSW47「The X-Warriors」の計量が行われた。


KSWではおなじみとなった生バンドの演奏がBGMのパブリック計量は、女性シンガーがSAILを熱唱するなかで始まった。KSW初出場となる石井慧はクロアチア国旗を掲げてステージへ。対戦相手のフェルナンド・ロドリゲスはブラジルとポーランド国旗で登壇した。フェイスオフでは過剰な反応もなく、ただホドリゲスを見やっていた石井はハグをしてステージを離れた。

Heel続いてウェルター級戦で、元王者ボリス・マンコフスキーと対戦する──ライト級のノーマン・パークはそのヒール振りを発揮しフェイストゥフェイスでマンコフスキーの胸を両手でプッシュで、悪態をつき続けた。

Chanp bs Champメインはチャンプ×チャンプ、ライトヘビー級王者トマス・ナルクンがヘビー級王者フィル・デフリーズに挑戦するタイトルマッチ。ナルクンはデフリーズよりも、12キロ以上も軽い体重ではあったが、ライトヘビー級リミットより12キロ重い体重だけに体は当然緩めではあった。バキバキMMAのKSWにあって、逆に異質なナルクンだ。

なお第1試合のバンタム級戦でパウェウ・ポリティウォと対戦するダウィド・グラルカが体重オーバーで20パーセントのファイトマネー没収のうえキャッチウェイト戦での試合となっている。

■KSW47計量結果

<KSWヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]フィル・デフリーズ: 116.7キロ
[挑戦者]トマス・ナルクン: 104.4キロ

<ヘビー級/5分3R>
マリウス・プシャノウスキー: 116.6キロ
シモン・コウェッツ: 102.4キロ

<ウェルター級/5分3R>
ボリス・マンコフスキー: 77.5キロ
ノーマン・パーク: 77.1キロ

<ヘビー級/5分3R>
石井慧: 109.4キロ
フェルナンド・ロドリゲス・ジュニオール: 113.9キロ

<ミドル級/5分3R>
ダミアン・ヤニコフスキ: 84.3キロ
アレクサンダー・イリッチ: 84.4キロ

<フェザー級/5分3R>
マルチン・ロゼク: 66.2キロ
クシシュトフ・クラチェク: 66.3キロ

<女子フライ級/5分3R>
カロリーナ・オフタッシュ: 56.9キロ
マルタ・ホイノスカ: 57.0キロ

<ライト級/5分3R>
バルトミ・コペラ: 70.7キロ
マチェイ・カジェスコ: 70.8キロ

<バンタム級/5分3R>
ダウィド・グラルカ: 62.7キロ
パウェウ・ポリティウォ: 61.4キロ

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie