この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.T03】ライト級王者 松本「差をつけないと」✖挑戦者 小谷「大雑把に勝つ」

Kotani vs Matsumoto【写真】修斗の看板階級であった旧ウェルター級に相当する70キロ=ライト級の頂上対決、30周年という大会でどのような戦いを見せるか (C)MMAPLANET

20日(水)、東京都渋谷区のシャトー・アメーバでサステインが5月6日(日)に文京区・後楽園ホールで開催する「Shooto 30th Anniversary Tour」=後楽園昼夜大会、Woman’s Shooto Under50kgインフィニティリーグ、そして修斗世界バンタム級チャンピオン佐藤将光のONE出場決定に関する記者会見を行った。ここでは後楽園ホール大会で組まれる修斗世界ライト級選手の会見の模様をお伝えしたい。

調印式を終えたチャンピオン松本光史は「歴史ある修斗の30周年記念大会で防衛戦が戦えることを光栄に思っています。選手になる前に修斗ファンだったので、ファンが内側から盛り上げられることが凄く嬉しいですし、修斗ファンに喜んでもらえるパフォーマンスを当日は見せたいと思います」と話した。

続いて挑戦者・小谷直之の「前回、勝った勢いで言ってみたら……こういう30周年という大きな大会で実現するとは思っていなかったです。自分も格闘技を20年ぐらいやっているのですけど、始めたのがシューティングジム八景で。あの時の先生方と肩を並べることができるのかと思います」という言葉に続き、質疑応答が行われた(※要約)。


──小谷選手が挑戦者に決まったことに関して、どのように思っていますか。

松本 防衛戦の相手がなかなか決まらないなかで、僕はキャプテン☆アフリカが挙がって来るんじゃないかと思っていまして。決まったら大阪(※松本は大阪府門真市出身)で試合がしたいと思っていたのですが、その強い選手に一本勝ちした小谷選手がチャレンジャーになることは妥当というか、やりがいが相手だと思います。

──キャプテン☆アフリカ戦の感想は?

松本 えぇ……大雑把な試合だったと……でも、まぁしっかりとフィニッシュするのは力がないとできないので、そこは凄いと思いました。

──色々なプロモーションで試合をしてきたなかで、修斗のベルトへの思い入れは?

小谷 日本の総合格闘技のなかで一番歴史があるベルトで、一番重みがあるなと思います。

──今の日本はライト級自体が、今2人が言われていた修斗の歴史のなかにあって海外と比べて弱体化しています。そのなかで世界と伍するという意味で、このタイトル戦をどのように位置付けていますか。

松本 自分も外国人に勝てていないのは戦績を見てもらうと分かると思います。その一戦をなかなか越えられないので……。小谷選手は元UFCファイターで、跳ね返されてきた選手だと思います。そこに差をつけないと、挑戦する資格をもらえないです。戦績的には自分も結構負けていますが、練習して進化してきたと思っています。それを見せたいと思います。

──大雑把と言われたことに関して、小谷選手はどう思いますか。

小谷 大雑把っていうのは一つの言い方で、分かりやすい戦い方だったと思います。僕はそういう戦いしかやってこなかった人間ですので。あんまり細かいネチネチした分かりづらい攻防とか、正直なところトップ選手の試合を見ても分からないです。だから、そういうのはできないので次も大雑把にやって、大雑把に勝ちます。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday