この星の格闘技を追いかける

【PJJC2019】パウロ・ミヤオがライトフェザー級で出場。ジョアオ&イアゴと表彰台独占を狙うっ!

Paulo Miyao【写真】ついにパウロ・ミヤオがIBJJFの三大トーナメント、ライトフェザー級に戻ってくる (C)MMAPLANET

21日(木・現地時間)から24日(日・同)にかけて、カリフォルニア州アーヴァインのブレン・イベントセンターにてIBJJF主催のブラジリアン柔術パン選手権が行われる。世界選手権への前哨戦とも言えるこの大会のプレビュー第2回は、鍵山士門と山田秀之が出場するライトフェザー級の見所を紹介したい。


(C)SATOSHI NARITA

(C)SATOSHI NARITA

今回特筆すべきは、パウロ&ジョアオのミヤオ兄弟が揃ってこの階級にエントリーしていること。さらにイアゴ・ジョルジを加えたシセロ・コスタ3人衆──兄弟は「シセロ・コスタ・インターナショナル」の名の下でのエントリーだ──が、上位独占を狙う形だ。

事実1月のヨーロピアンでは、ジョアオとジョルジがこのライトフェザー級でクローズアウトを果たし、パウロは一つ上のフェザー級にて優勝。それぞれ頭一つ抜けた強さを示している。

今回の組み合わせではパウロとイアゴが同ブロックとなっているが、この3人がポディウムの3つの席を占め、なおかつ決勝はジョアオと、パウロorイアゴ(準決勝で勝利を譲られた方)によるクローズアウトの可能性が非常に高いと言える。なかでもIBJJF公式戦の出場停止処分を終えたパウロは、ヨーロピアン大会をレオナルド・サジオロ、アレックス・ドーダーラインという一階級上の強豪を倒して制し、その後のグランドスラム・ロンドン、King of Matsといった招待プロ大会でも全勝優勝。勢いに乗った戦いは必見だ。

ポディウムのもう一つの席に入る可能性が高いのは、2016、2017年のパン柔術ルースター級で連続準優勝を果たしているルーカス・ピニェーロ(アトス)と、昨年のヨーロピアンでレフェリーを味方にした消極戦法ながらも嶋田裕太を下したペドロ・クレメンチ(カンタガロ・チーム)の間の2人か。順当に行けば、準々決勝におけるこの二人の試合の勝者が、ジョアオと準決勝を争うこととなる。

(C)SATOSHI NARITA

(C)SATOSHI NARITA

これらの強豪たちに対して、昨年3位の嶋田裕太は今大会に出場しない。夏以降のNY生活を控え、嶋田は4月末のNYオープン、そして5月第1週のブラジレイロを経て、ムンジアルへ向かう。

国内ライトフェザー級勢からは鍵山士門(デラヒーバ・ジャパン)と山田秀之(トライフォース)がエントリーする。鍵山は昨年の世界大会において、ルイス・ピント相手にハーフガードからのスイープ、ニースライスパス、ニーオンザベリーと持ち味を発揮して1回戦を突破した。次戦では強豪レネ・ロペスの強烈な下からの攻撃を受け、失点こそなかったものの攻撃の糸口を掴めないままレフェリー判定負けを喫している。今回は1回戦のジョセフ・リー(カーリーBJJ)戦を突破すると、ジョアオ戦が実現する。

Yamada山田は今年1月のヨーロピアンに出場しており、初戦で宮地一裕とのシーソーゲームを制してジョアオとの対戦し──下からも上からもまったく動きの止まらない恐るべき波状攻撃を凌ぎきれず、最後は袖車絞めに屈した。とはいえ世界最高峰の力をその身体で実感する貴重な機会を得た貴重なヨーロピアン参戦だったといえよう。今回の初戦の相手は、上述のように昨年の世界大会で鍵山を下したレネ・ロペス(ブラザCTA)。この難敵を下すと、パウロへの挑戦となる。

すでに国際舞台で通用する技術を持つことを証明済みの両者だけに、今大会一勝を挙げたのち、ミヤオ兄弟に一刀を浴びせることができるのか。傷跡を残すパン挑戦としたい。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday