この星の格闘技を追いかける

【Pancrase303】冴えわたる距離感と当て感、翔兵が左右フックでドゥトロの顔面をカットしての判定勝ち

<フライ級/5分3R>
翔兵(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ライリー・ドゥトロ(米国)

翔兵の左ロー、左ハイからスタート。距離をつめるドゥトロに対し、スイッチしながらパンチを放つ翔兵が、ドゥトロの左フックに被せての右フックをヒット。さらに左フックで相手のバランスを崩させる。ドゥトロの左目尻から流血が見られ、ドクターチェックが入る。

試合再開後、距離を詰めてくるドゥトロ。翔兵は左フックを返す。翔兵が前に出てきたところでドゥトロは組み付くも、翔兵がカット。前に出るドゥトロ、翔兵はサークリングするなか、ドゥトロの右ローが翔兵の急所をとらえ、試合は中断。ここでドゥトロの左目尻から再び出血が見られる。再開後はお互いに見合う展開のなか、翔兵の右フックがヒット。ドゥトロもサウスポーへスイッチし、前に出てくるが、翔兵は右フックで迎え撃った。

ジャッジのスコアは3者とも10-9で翔兵を支持。

2R、ドゥトロはサウスポーで始めるが、すぐにオーソドックスへ戻し、左ジャブを突く。距離を保つ翔兵は、ここでも右フックを当てる。さらにサウスポースタンスからのワンツーをヒット。続くダブルレッグはカットされるも、再び距離を保つ。対するドゥトロもプレッシャーを強め、パンチを当てていく。

ドゥトロの左ジャブが伸びるためか、1Rほど距離をキープできにくくなった翔兵。翔兵の左フックに、右の打ち下ろしを合わせるドゥトロ。さらに足払いで翔兵のバランスを崩す。翔兵が中に入るも、ドゥトロが右ショートのカウンターを当てる。残り30秒のところで左右のフックを繰り出した翔兵だったが、ドゥトロもクリーンヒットを許さない。

ジャッジは2名が翔兵につけ、もう1人はドゥトロへ。

最終R、翔兵のパンチでバランスを崩したドゥトロが、前に出るも翔兵は足を使ってサークリング。単発ながら右フックを当てていく。サウスポーにスイッチして前に出るドゥトロのパンチを、翔兵は下がりながら食らってしまう。組み付いたドゥトロのボディロックをカットした翔兵、ドゥトロの左も当たるように。翔兵は組み付いてドゥトロをケージに押し込むが、ドゥトロが大勢を入れ替えてシングルへ。翔兵はこれをカット。

組み付こうとした翔兵に右アッパーを狙うドゥトロ。翔兵は離れつつ、左フックを当てる。試合終了15秒前、レフェリーからアクションの指示が入るも、翔兵は距離をキープし、最後にドゥトロの左を食らうも決定打にさせず試合を終えた。

判定はジャッジ3者とも29-28をつけ、翔兵が勝利。ドゥトロに日本で初めて土をつけた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie