この星の格闘技を追いかける

【UFN147】プレッシャーを受け、自分の試合ができていなかったレイエスがスプリット勝利

<ライトヘビー級/5分3R>
ドミニク・レイエス(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ヴォルカン・オズテミア(スイス)

サウスポーの構えから左ロー、そして左ハイを蹴るレイエス。オズテミアはワンツーで前に出ると、レイエスは前蹴りをボディに入れる。続く左ローで足払いのようにオズテミアのバランスを崩す。さらに立ち上がり際に蹴りを狙ったレイエスに対し、オズテミアは右ストレートを振って前に。レイエスのローが急所に入り、試合が中断する。再開後、左ローを蹴ったレイエスにオズテミアが右ストレート、そして右ローで逆にレイエスに尻もちをつかせる。

立ち上がってきたところで組んでケージに押し込んだオズテミアに対し、離れたレイエスが左ローから左ストレートを伸ばす。ヘッドスリップでかわしたオズテミアがテイクダウンを決める。レイエスは立ち上がって距離を取ると、左ミドルハイ。プレッシャーを強めるオズテミアは蹴りをキャッチしてワンツーで前に出る。右ボディを見せ、右ミドルを蹴ったオズテミアはこのまま間合いを図るように見合って初回終了を迎えた。

2R、ローにワンツーを合わせたオズテミアが左ハイでバランスを崩す。すぐに立ち上がったオズテミアに左前蹴りを入れ、左ローにつなげる。圧力を掛けるのはオズテミアで、それレイエスは左に回りながら左フックを被せる。シングルからボディロックを取ろうとしたレイエスは、これを切られオズテミアの圧力にこれまでになく戦いづらそうな表情を浮かべる。

右ジャブを被弾して前に出るオズテミアは左フックをヘッドムーブでかわし、距離が詰まると右ヒサを突き上げる。真っすぐ前に出たオズテミアに組みつくレイエスだが、テイクダウンはできない。残り1分、互いになかなか手が出ず、オズテミアがシングルで組み、ボディロックに移行しながらパンチを入れタイムアップに。

2R、レイエスのローにテイクダウンを合わせたオズテミアが、尻もちをつかせる。スクランブルから離れたレイエスは、押され気味の試合が続く。ワンツーから前に出て左ミドルを放つレイエスだが、オズテミアはしっかりと攻撃を見てワンツーを逆に振るっていく。レイエスの左が当たると、すぐにオズテミアの右を返し右ハイを蹴る。オズテミアは組んでレイエスをケージに押し込むと。レイエスはウィザードでバックを許さず、胸を合わせる。離れたオズテミアに左ヒザをボディに決めたレイエスは、組みを切って左ストレート、続いて左ボディを突き刺す。

さらに前に出てきたオズテミアに左を入れたレイエスは、ワンツーで前に出てダブルレッグをスプロール。ようやく圧を掛けることができるようになったレイエスだが、時間は十分に残っておらず、決定的な攻撃を見せることができなかった。

しかし、ジャッジの裁定は割れなんとレイエスに凱歌が挙がり、ロンドンのファンはブーイングを送るエンディングを迎えた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday