この星の格闘技を追いかける

【Brave Fight18 & Grachan39】グラチャン初参戦の桜井隆多、目の負傷にも組んでしっかりと判定勝ち

Sakuai vs Mamiya【写真】しっかりと組んで勝ち星を挙げた桜井(C) MMAPLANET

10日(日)、 Brave Fight 18 X GRACHAN 39 が東京都大田区の大田区産業プラザPIOで開催された。ここではグラチャン初登場となった桜井隆多と間宮晃仁の対戦の模様をお届けしたい。


<ウェルター級/5分2R>
桜井隆多(日本)
Def.3-0
間宮晃仁(日本)

01様子の見合いから左ジャブを差し合う両者。桜井のワンツーに距離を取った間宮が組んでケージへ。桜井はヒザ蹴りをボディに突き上げていく。離れた間宮に対し、右ストレートを打ちながら前に出る桜井は組まれると首相撲で迎え撃つ。間宮も首相撲で対抗し、右のヒザ蹴りを繰り出し、左ジャブを振るって離れる。続くケージ際のクリンチの攻防から、打撃の間合いに戻り桜井がパンチで前へ。間宮が首を取ろうとした時か、桜井が右目を抑えてブレイクを要求する。

02右目を瞑り、ヒザをついてしゃがみ込む桜井。ドクターチェックが入り、試合再開まで時間が掛かる。リスタート後、桜井はボディロックテイクダウンを決めてトップを奪取。間宮のガードに足を一本抜き、肩固めを狙いつつパンチを落とした桜井が初回を取った。

032R、首相撲&ヒザ蹴りの桜井をダブルレッグでケージに押し込んだ間宮だが、頭を押さえられ良い態勢を作ることができない。しかし、桜井も足を取りに行きがぶられるとヒザをついて動きを止めてしまう。

腹固めで殴る間宮に対し、腰を上げた桜井が一気にダブルレッグでテイクダウンを奪う。ハーフで固めた桜井だったが、ここでレフェリーがブレイクを命じた。

04桜井は右目に問題が残っているのか、打撃戦を避けスタンドに戻った直後に組みついてここもテイクダウンを決める。間宮はマウントを取られ背中を向けると、乗ってきた桜井を前方に落とす。

桜井はすぐに起き上りつつシングルで上を取り返し、間宮のネルソンを防いで上を取り切る。千載一遇のチャンスを逃した間宮は下のままでタイムアップを迎え──47歳の桜井がグラチャン初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie