この星の格闘技を追いかける

【DEEP88】遅報 元谷が歴史に残る激闘の末、王座陥落。越智は健闘川原を押し切り、マルチネスはKO防衛

DEEP88【写真】勝者と敗者のコントラスト(C)MMAPLANET

9日(土)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されたDEEP 88 IMAPACT。メインでビクター・ヘンリーが元谷友貴を破り、新バンタム級王者に。越智晴雄、ロッキー・マルチネスはそれぞれメガトン級とストロー級王座を防衛した。


DEEP史上、いや日本のMMA史上に残る激闘となったメイン。初回はボディから顔面へのコンビとテイクダウン&コントロールでヘンリーがリードした。2Rも流れは変わらないなかスクランブル中にヘンリーの前蹴りが元谷を捉えダウンを奪う。腰から崩れた元谷にパウンドでラッシュをかけたヘンリーだったが、巧みなガードワークにフィニッシュはできない。

最終回、攻め疲れか動きが落ちたヘンリーに対し、元谷が逆襲に出る。テイクダウンからマウントを奪い、バックマウントと行き来しながら強烈な勢いでパウンドを連打。防戦一方となったヘンリーだが、何とか時間切れまで耐え抜く──結果、ジャッジの裁定は2人が29-28でヘンリー、28-28=マスト元谷が2人、28-28=マストでヘンリーが1人という15分間の激闘を物語るスコアで王座交代となった。

Ochiセミのストロー級タイトル戦は鋭い左の蹴りを入れるチャレンジャーの川原波輝に対し、テイクダウンからパウンドで削るチャンピオン越智という展開に。ポイント的に越智リードで迎えた最終回、川原の右ストレートで越智がダウン。パウンドのラッシュで追い込まれた越智は、ここで意地を見せ立ち上がると不利な打撃戦に応じ、一気に飛び込むようなテイクダウンを決める。川原はスクランブルに持ち込めず、バックマウントからRNCを仕掛けられた状態でタイムアップに。スプロール&打撃で試合前の予想を覆す力を見せた川原だったが、越智が2度目の王座防衛戦に成功した。

Martinezメガトン級選手権試合は左に回り続ける酒井リョウが、マルチネスの制空権に入らないようパンチとローを当てて試合を進める。しかし、徐々に正面に立たれるようになるとボクシングマッチからダブルでテイクダウンを決めたマルチネスが、右エルボーとパウンドの連打でTKO勝ち。RIZIN出場をマイクで訴えた。

Ishizukaタイトル戦以外で唯一の5分×3Rマッチとなった昇侍と石司晃一の一戦は、初回からテイクダウン&マウントで石司が試合をコントロールする。2Rにマウントからの肩固めを防ぎスタンドに戻った昇侍がパンチで反撃へ。ガードを固め、テイクダウンを切られるようになった石司だが、右ストレートを打ち抜く。硬直したように真っすぐ崩れた昇侍に石司がパウンドを落とし、試合は決した。

DEEP88の詳細は後日お届けします。

■DEEP88試合結果

<DEEPバンタム級選手権試合/5分3R>
ビクター・ヘンリー(米国)
Def.2-0(マスト2-1):29-28.29-28. 28-28(マスト=ヘンリー). 28-28(マスト=元谷). 28-28(マスト=元谷)
元谷友貴(日本)

<DEEPストロー級選手権試合/5分3R>
越智晴雄(日本)
Def.5-0:30-27.29-28.29-28.29-28.29-28
川原波輝(日本)

<DEEPメガトン級選手権試合/5分3R>
ロッキー・マルチネス(グアム)
Def.1R4分59秒by TKO
酒井リョウ(日本)

<バンタム級/5分3R>
石司晃一(日本)
Def.2R4分59秒by TKO
昇侍(日本)

<ウェルター級/5分2R>
悠太(日本)
Def.2-0:20-18.20-18.19-19
渡辺良知(日本)

<ウェルター級/5分2R>
佐藤洋一郎(日本)
Def.2-0:20-18.20-18.19-19
米田奈央(日本)

<フライ級/5分2R>
神龍誠(日本)
Def.3-0:20-18.20-18.20-18
島袋チカラ(日本)

<ライト級/5分2R>
大原樹里(日本)
Def.2R4分54秒by TKO
濱村健(日本)

<フライ級/5分2R>
鮎田直人(日本)
Def.3-0:20-18.20-18.20-18
藤田大和(日本)

<フェザー級/5分2R>
横山恭典(日本)
Def.3-0:20-18.20-18.20-18
窪田泰斗(日本)

<フェザー級/5分2R>
シェルナンド・ラジッド(フランス)
Def.3-0:20-18.20-18.20-18
オーロラ☆ユーキ(日本)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie