この星の格闘技を追いかける

【PFL】2019年シーズン出場ファイター、第一弾の発表で5人の前年度チャンピオンら9名が明らかに

PFL【写真】今回の発表ではなぜかケイラ・ハリソンの名前はなし。しかし、すでにESPNに出演するなどアンバサダー的な役割は実行している (C)PFL

5日(火・現地時間)、PFLより2019年シーズンの各階級の出場選手の一部が発表された。


ヘビー級に出場し、初戦で前年王者のフィリッピ・リンスと戦うと石井慧が明言しているPFLの2019年シーズンはミドル級の開催がなく女子ライト級、フェザー級、ライト級、ウェルター級、ライトヘビー級、そしてヘビー級の6階級で100万ドルを賭けた半年に渡る戦いが繰り広げられる。

そんな2019年シーズンは男子5階級で前年度王者の出場を含め、9人のファイターの参戦が明らかとなった。以下、今回リリースがあった出場ファイターだ。

【フェザー級】
ランス・パーマー(米国/2018年王者)
スティーブン・サイラー(米国/2018年準優勝)

【ライト級】
ナタン・シュルチ(ブラジル/2018年王者)
ラシッド・マゴメドフ(ロシア/2018年準優勝)

【ウェルター級】
マゴメド・マゴメドカリモフ(ロシア/2018年王者)
レイ・クーパー3世(米国/2018年準優勝)
ルイス・テイラー(米国/2018年ミドル級王者)

【ライトヘビー級】
ヴィニー・マガリャエス(ブラジル/2018年準優勝)

【ヘビー級】
フィリッピ・リンス(ブラジル/2018年王者)

注意点はライトヘビー級優勝のショーン・オコネルの名前がなく、ウェルター級にミドル級優勝のルイス・テイラーが加わっているが、石井も含めさらなる出場者の発表を待ちたい。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday