この星の格闘技を追いかける

【HEAT44】Flash 反則のヒザ蹴りで、怒り心頭の石井慧がアメリカーナでHEATヘビー級王者に

HEA44【写真】石井慧がヘビー級王者に。レバンナはローで勝利し、トム・サントスがライト級新王者となり、春日井は秒殺で清水を破る。独自路線が確固たるイベントの色として定着した今大会だった (C)MMAPLANET

2日(土)、HEAT44が名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で開催された。


メインのHEATヘビー級選手権試合ではチャレンジャーの石井慧が、王者カルリ・ギブレインを初回から圧倒した。テイクダウンから抑えて、アームロックを狙いつつパンチやエルボーで削っていく。するとギブレインがサイドマウントの石井に下からヒザを入れるシーンもあったが、石井はほぼノーダメージで最後はアメリカーナを極めて一本勝ちした。

直後に石井は「フ〇ック」を連呼し、勝利者トロフィーも叩き落とすほどエキサイト。23日にKSW出場を控えており反則のヒザに怒り心頭であったことを囲み取材で明らかとした。

ジェロム・レバンナはタフな楠ジャイロの左足を右ローで破壊し、セコンドのタオル投入でTKO勝ち。直後に「K-1がなければ今の自分はいない」とケージサイドで観戦していた角田信朗氏に感謝の言葉を送った。

ライト級選手権試合はトム・サントスが初回と3Rにオク・レユンからダウンを奪うと、最終回のバックマウントから攻撃をしのぎ、3-0の判定勝ちで新チャンピオンに輝いた。

注目のバンタム級戦は春日井たけしが、ギロチンチョークで清水俊一に秒殺勝利を挙げている。

なお今大会の詳細は後日、お送りします。

■ HEAT44試合結果

<HEAT総合ヘビー級選手権試合/5分5R>
石井慧(日本)
Def.2R3分54秒by アメリカーナ
カルリ・ギブレイン(ブラジル)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R>
ジェロム・レバンナ(フランス)
Def.2R2分47秒by TKO
楠ジャイロ(ブラジル)

<HEAT総合ライト級選手権試合/5分5R>
トム・サントス(ブラジル)
Def.3-0
オク・レユン(韓国)

<HEATキック・ライト級王座決定戦/3分3R+ExR>
将輝(日本)
Def.2-1
ヘンリー・セーハス(韓国)

<バンタム級/5分3R>
春日井たけし(日本)
Def.1R0分28秒by ギロチンチョーク
清水俊一(日本)

<ヘビー級/5分3R>
チョン・ダウン(韓国)
Def.3R0分58秒by KO
サシャ・ミリンコヴィッチ(クロアチア)

<55キロ契約/5分2R>
本野美樹(日本)
Def.3-0
鈴木万李弥(日本)

<キック・スーパーライト級/3分3R>
石田勝希(日本)
Def.2-1
ヴィトル・トファネリ(ブラジル)

<キック・ミドル級/3分3R>
ヒマラヤン・チーター(ネパール)
Def.2R1分29秒by KO
チョ・ギョンジェ(韓国)

<キック65キロ契約/3分3R>
安川侑己(日本)
Def.1R2分24秒by KO
加藤駿(日本)

<キック・ライト級トーナメント1回戦/3分3R>
ヘンリー・セーハス(ボリビア)
Def.2-0
ジュ・ギフン(韓国)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday