この星の格闘技を追いかける

【Bellator215】ドゥドゥ・ダンタスのシングルレッグが、ミセッチの打撃を封じる

<バンタム級/5分3R>
ドゥドゥ・ダンタス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
トビー・ミセッチ(米国)

サウスポーのミセッチが右ジャブを伸ばす。左ストレートをかわしたダンタスが右ハイを蹴っていく。ブロックしたミセッチは左ローを返し、踏み込んで左ストレートを放つ。ダンタスは右ミドルを蹴り込み、続く攻防でバランスを崩したミセッチに飛びヒザを狙い、着地してクリンチへ。ケージを背にしてテイクダウンを許さないミセッチだが、ヒザ蹴りが急所に入り顔をしかめた直後に、小外掛け倒される。

背中をマットにつけたミセッチに対し、ダンタスはハーフで抑えアームロックへ。ストレートアームバー、キムラに捕らえたダンタスは技を解いて左エルボーを落とす。さらに右のパンチを打って初回を取った。

2R、ミセッチが放ったダブルの左リードフックを回ってかわしたダンタスが右ミドルを決める。続く左はケージに詰まりブロックしたダンタスだが、続いてミセッチは左ボディストレートを当てる。左フックに右ミドルを返したダンタスが直後にシングルレッグから、バックに回り込む。

得意の形に持ち込んだダンタスは、前方にミセッチを崩すとワンフック。背中を譲るまいと上を向いたミセッチに対し、その背中とケージの間にダンタスが入っていく。手首を掴んで絞めを防ぐミセッチだが、ダンタスは勢いのあるパンチを打ち絞めの機会を伺う。ミセッチが胸を合わせようとすると、その動きに合わせてしっかりと背中を制したダンタスが、自ら背中をマットにつける。残り10秒、首を守ったミセッチだが2R連続で落とした。

最終回、フックを振るって前に出るミセッチに対し、ケージの前を右に回るダンタスが右ミドル。ミセッチはそこに左フックを合わせようとする。両者のジャブが交錯するも、互いに待ちの姿勢で動きが少ない。逆転にはフィニッシュが必要なミセッチだが、テイクダウンを警戒してか、距離を詰めることできない。そのミセッチの右ローにダンタスは右フックを合わせ、右ミドルへ。

ミセッチはパンチが届かず、サイドへのステップを見せるも逆に左ローを受ける。ダンタスは無理せず、右ミドルを蹴って距離をコントロール。ミセッチの左右のフックもガードを固めて受け流し、ローへ。残り15秒を切りシングルレッグでミセッチをケージ際に押し込んだダンタスが横綱相撲で、判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie