この星の格闘技を追いかける

【Quintet FN02】注目のイゴール・タナベは、ハイサム・リダと両者失格。カルペディエムが決勝へ

<Japan Open Team Championship2019/準決勝第2試合>
チーム・カルペディエム(レダ・メブトゥシュ、デヴィッド・ガルモ、ハイサム・リダ、山田崇太郎、トーマス・ミッツ)
Def.
チーム・ソルジャー(セルジオ・リオス・ダ・シルバ、関根シュレック秀樹、デクラン・ムーディー、イゴール・ファットニンジャ・タナベ、中村勇太)

<準決勝第1試合/8分1R>
レダ・メブトゥシュ(フランス)
Draw.
セルジオ・リオス・ダ・シルバ(ブラジル)

アームドラッグ&アンクルピックでトップを取ったレダは、シルバのギロチンを防いで上をキープする。ボディロックでバックに回ったレダに対し、シルバが足関節を狙って体を起こす。レダは足を組んで伸ばされないようにすると、シルバはキムラへ。ここも凌いだレダのバック狙いに、ワキを潜って逆にバックを取ったシルバ。レダはディープハーフからのヒザ十字を防ぎ、バックを許さずダブルレッグでトップを取る。

リバース・ハーフで抑えるシルバがヒザ十字へ。レダは尻を押してエスケープし背中に飛び乗る。ワンフック&ネルソンから足を取りに行ったレダを潰したシルバのリバース・ハーフの状態で両者に指導が与えられる。ダブルを切り、引き込みからハーフ&アンダーフックで立ち上がったレダ。場外際となりマット中央で再開後、レダが引き込み潜る。潰して腕を狙うシルバ。ディープハーフを取ったレダはキムラに合わせてスイープを決める。シルバはこのまま腕十字を狙うが、取り切れない。それでもバックから絞めを狙うシルバ。レダが正対したところでタイムアップとなった。

<準決勝第2試合/4分1R>
デヴィッド・ガルモ(米国)
Draw.
関根秀樹(日本)

体重差が27キロ近い戦い。ガルモがダブルレッグでテイクダウンを決めるが、関根は立ち上がって反り投げ、さらに後方への投げにもガルモがギロチンを仕掛ける。試合がスタンドに戻り、反り投げを決めた関根だがガルモがすぐに立ち上がる。関根は引き込みを選択すると、ガルモがストレートアームバーから腕十字へ。クラッチは切れたが、ヒジは抜けている状態でガルモはリバーサルを許す。残り1分、スタンドに戻ったガルモはダブルレッグ。関根は投げは打つが、抑えることができない。ガードを取ったガルモは足関節狙いへ。そのまま時間となり、役目を果たすドローとなった。

<準決勝第3試合/8分1R>
ハイサム・リダ(ガーナ)
Def.0分24秒by ヒザ十字
デクラン・ムーディー(豪州)

引き込んだムーディーのガードを捌きながら、ハイサムがトォーホールド。ムーディーがロールしたところでヒザ十字に移行し、タップを奪った。

<準決勝第4試合/8分1R>
ハイサム・リダ(ガーナ)
Both DQ
イゴール・タナベ(ブラジル)

茶帯のイゴールが、ハイサムに挑む。手相撲から頭を合わせる両者。ハイサムのジャンピングガードにイゴールが引き込み下を取る。シッティングのイゴールに対し、ハイサムが右ヒザをガードに入れる。ハイサムがパスを狙うが、両者に指導が与えられる。ここも吸ったイゴールは、デラヒーバから回る。足を抜いたハイサムはイゴールの足関節狙いにも反応するが、再び両者に指導が入る。

足を絡めてからスクランブルとなり、イゴールがガードを取る。足首を掴んでパスを仕掛けるハイサム。イゴールはリバースデラヒーバ&ロールというモダンな動きを見せ、リダは足を捌いていく。両者、防御力が高く──ついには3度目の指導を受け、2人揃って失格となった。

<準決勝第5試合/8分1R>
山田崇太郎(日本)
Def.2分03分秒by ギロチン
中村勇太(日本)

右腕を差した山田が、中村がおっつけると引き込む。足を狙いつつスイープを決めた山田は、まずは枕で固めてから中村の頭を抱えにいく。マウントを取った山田は、ハーフに戻されてもギロチンが十分の態勢になるや下になる。そのままタップを奪いカルペディエムの決勝進出が決まった。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday