この星の格闘技を追いかける

【Pancrase303】3月17日大会に田中路教─一夜限りの─パンクラス参戦=因縁のロシア人と対戦

Tanaka & Sakai san【写真】3月大会の隠し球は田中路教だった!! (C)MMAPLANET

31日(木)、東京都新宿区のパンクラス事業本部で3月17日(日)に江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase303に出場し、ロシアのウラジミール・レオンティブと対戦する田中路教が酒井正和代表とともに記者会見に出席した。

田中にとって一昨年10月のホジェリオ・ボントリン戦以来の実戦の場は、パンクラスとなった。ロシアACBとは1年間の試合が組まれなかったことで契約を解除し、あくまでもUFCを目指すためにLFAと交渉中であることを明かしつつ、1試合契約でパンクラス出場を果たすこととなった。

飛行機の遅れもあり、会見当日の午前3時前にフィリピンから帰国した田中の「パンクラスとは僕が海外でやっていたこともあり、今まで交わることなくきたのですが、MMAという競技をやられているという印象を持っていました。一昨年、グランドスラムに出た時に僕が戦いたいと言った選手と快く対戦させてくれたという恩があり、今回参戦することになりました。ACBというロシアの大会で試合ができなかったことで、ロシア人の相手を用意していただき、区切りをつける意味でも凄く良い試合になると楽しみにしています」という言葉で会見はスタート。

続いて酒井代表が「前からラブコールを送ってきました。海外志向が強くパンクラスとしては欲しい選手だったんです。ロシアへ行くという時もラブコールを送っていました。世界に通じる選手なので、パンクラスに相性がバッチリだと思います。こういう形でパンクラスに上がることも意味があると思っています」と話し、以下のような質疑応答が行われた(要約)。


──海外志向から日本に標準を絞ったのは?

「標準を絞ったといいますが、米国のLFAという団体とも交渉させてもらっていて、パンクラス出場は今回の1戦限りになります。それなのに快く試合を組んで頂けたので、期待に応えられるような試合をしたいと思います」

──1戦限りの日本での試合、どのような試合をしたいですか。

「圧倒的な試合をして、衝撃的な内容を見せることができればと思います」

──酒井代表、1試合限りで米国に行きたいという田中選手の登用にはどのような想いがあるのでしょうか。

酒井 世界を知っている選手がパンクラスで戦うということは、プロアスリートにとってパンクラスという場が適している。だったら1試合でも良い。良い結果を残して、世界で活躍してもらいたい。私としては複数回契約とかという発想はないです。

「本当に有難いことです。僕の我儘を聞いてもらって、これからの結果で返したいです。この試合が組まれるまで、本当に色々な方々に助けていただいて……僕の力だけでは組めなかった試合なので感謝しています」

──UFCファイトパスでも中継があります。一貫して北米思考なのですが、今後どこを目指していますか。

「前から言っていますが、UFCに行きたい気持ちは変わりないので、今回の試合がUFCファイトパスで流れるのは嬉しいし、大事なことです。目指すところは、変わらず戦っていこうと思います」

Vladimir Leontiev──対戦相手の映像を視られたなら、印象を教えてください。

「1試合だけ見ました。キックボクサーということで、本当にキックボクサーだったんだなっていう印象を受けました。向こうのマネージメントの方は『これぐらいで日本人には大丈夫。田中は苦戦する』と言っているようなので、試合結果で見せられればと思います」

田中塾長の言葉に大うけ

田中塾長の言葉に大うけ

──ちなみに(パンクラチオンの選手をブックしている)田中塾長は、どれぐらいの選手だと言っていますか。

坂本靖広報 6番目だと……。なかなか試合映像を貰えなくて、『対戦相手がロシアなので、日本人とレベルが違うし、比較にならないので参考にならないから意味ないですよ』と言われて……。

「アハハハハ。どうなんですかね……本当に結果で見せれば良いと思います。日本人が舐められているのはイラっとするので、頑張るしかないですね。この相手とのオファーを貰った時に、その言葉も添えられてきたので、イラっとして『だったらやりますよ』……となったのはあります(苦笑)」

──今、UFCは日本人選手と契約をせず、UFCに行きたいと言っていた選手が他の選択をしているなか、直向きにUFCに行きたいと言い続けているのは?

ONE世界バンタム級王者ケビン・ベリンゴンと

ONE世界バンタム級王者ケビン・ベリンゴンと

「1番になりたいという気持ちが強いので。世界のバンタム級の1番はどう考えてもUFCじゃないですか。僕のなかのそういうところが変わらない限り、UFCを目指すことは変わりないと思います。どれだけ困難だと言われようが、僕は僕の道を進んでいくだけです」

──Abema TVの企画でチーム・ラカイに行っていましたが、収穫はありましたか。

「バギオでばい菌が目に入って、今、目が充血しているんですけど……収穫はありました!! 本当にレベルが高くて、世界には強いヤツがゴロゴロいるんだなと思いました。負けていられない、もっと頑張らないといけないと思えたので……そういった意味でも収穫のある旅でした」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday