この星の格闘技を追いかける

【EJJC2019】ライトフェザー級で哀愁の日本人対決=山田秀之✖宮地一裕。勝者はミヤオと対戦も──

15日(現地時間・火)から20日(同・日)にかけて、ポルトガルの首都リスボンにあるパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスにてIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権が開催された。ヨーロッパを中心に、各国から強豪が参戦するこの大会レビュー。第5回目はライトフェザー級における山田秀之と宮地一裕による日本人対決と、その勝者が優勝候補筆頭ジョアオ・ミヤオに挑んだ試合の模様を中心に振り返りたい。


<ライトフェザー級一回戦/10分1R>
山田秀之(日本)
Def. by 6-6 アドバンテージ 1-0
宮地一裕(日本)

引き込んだ両者。山田は上を選択してアドバンテージを獲得すると、そこからダブルガードの状態に。この後は互いがベリンボロやアキレス腱固めを狙い合い、ときに上の体勢になってポイントを取った後は自ら寝てダブルガードを挑むという攻防が繰り返された。実力の拮抗した両者故に、お互いに隙あらば一本を狙いつつも、終了時に上でいることを目的としたシーソーゲームを念頭に置いての攻防か。

残り時間が4分を切った頃、山田は宮地のアキレス腱固め狙いに乗じて体を起こして上に。これでポイントを4-4とし、序盤の上選択で得たアドバンテージ1つ分リードをしてみせた。下になった宮地は片襟片袖の形を作って、強烈に山田を引きつける。対する山田が背中を付けて防御すると、宮地は起き上がって6-4とリードし、その後また自ら背中を付けてダブルガードに戻った。

残り2分。宮地が外回りを仕掛けると、山田はそのズボンに手をかけることに成功。ズボンを引き寄せて宮地の尻を出させながら上を狙ってゆく。宮地は堪えたものの、結局山田が上体を起こし再逆転した。

残り1分でリードを奪った山田は、ここで自ら寝るのではなく、正座してワキと首を締めて体勢をキープして勝ち切る作戦に出る。宮地は山田のラペルを引き出し、さらに山田の右腕を引きつけての腕十字狙い。しかし最初からワキを締めている山田は、取らせず腕を抜く。その後もなんとか状況の打開を試みて下から仕掛ける宮地。しかし山田は右腕で宮地の左足を担いで正座し、試合終了まで守りきってみせた。

実力伯仲の両者によるシーソーゲームは、残り1分で上からのキープに切り替えた山田の戦略が見事に功を奏した形となった。国際大会の舞台でのダブルガード同朋対決はほろ苦さを感じさせたが、ライバルに競り勝った山田は準々決勝で世界最高峰の一角──ジョアオ・ミヤオとの対戦に駒を進めた。

<ライトフェザー級準々決勝/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(ブラジル)
Def. by 袖車絞め
山田秀之(日本)

開始早々引き込んだミヤオは、すぐさま山田の右足に絡んでベリンボロへ。そのまま山田のズボンを両手で捕獲するが、山田は腰を引いて体勢を戻すことに成功した。

するとミヤオは再び山田の右足にデラヒーバで深く絡むと、またもすぐに横回転してベリンボロ。山田が腰を引いたところですかさず上体を起こして2点を先制してみせた。

オープンガードを取る山田は、ミヤオの右足の脛を掴んでコントロールを試みるが、ジョアオは山田の左足を担いで低く噛み付くと、ベウナウド・ファリアばりにプレッシャーをかけてステップオーバー。必死にエビで距離を取ろうとする山田に上から密着し続けてパスを奪った。さらにミヤオはすぐさまニーオンザベリーに入って、点差を7-0と広げたのだった。

いったん山田にオープンガードに戻させた後も、休まず左右にプレッシャーをかけたミヤオ。右方向にトレアナパスを仕掛けてすぐに上四方に。たまらず山田がスクランブルを試みたところでバックに回ったミヤオは、それに対応して山田が仰向けになる動きに合わせて肩固めに。さらにミヤオはそのまま袖車絞めに変化して、3分足らずでタップを奪ってみせた。

下になっても上になっても止まらない恐るべき波状攻撃で圧勝したミヤオ。山田が最初の仕掛けにうまく対応しても、ミヤオはそんなものは想定済みとばかりに間髪入れず二の矢三の矢と飛ばし続ける。特に最後のトレアナパス→バック→肩固め→袖車というシークエンスは、逃げる山田の先をことごとく塞いだ末に攻めきってみせた圧巻のものだった。

その後ミヤオは、準決勝で若手の成長株クレベル・ソウザと対戦。ちなみにソウザは初戦でコブリーニャの息子、ケネディ・マシエルとの注目の新鋭対決を行い、いきなりの飛びつき三角を皮切りに強烈な攻撃を繰り出し続け、最後はマシエルのオモプラッタをスタックして潰し、背後から絞めを極めて完勝している。

かくも高い攻撃力を誇るソウザを相手になお、ミヤオはさらに早い仕掛けのベリンボロで主導権を握ると、2度までもバックに付きかける等終始ソウザを防戦一方にして完勝。盟友のイアゴ・ジョルジとワンツーフィニッシュを達成したのだった。

相変わらず恐るべきペースで試合をこなし(今年だけでもその試合数はすで40を超えている!)、進境著しい若手を完封するほどに進化を遂げているミヤオの超攻撃的柔術。日本勢が乗り越えるには、あまりにも高い壁と言わざるを得ない。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday