この星の格闘技を追いかける

【ONE WS04】夫婦でONE出場へ、桐生改め鈴木祐子が2月28日にONEウォリアー・シリーズ参戦

Suzuki, Miyata, Ashida【写真】2月28日のONE WS04参戦が決まった鈴木裕子、宮田和幸Brave代表、そして3月10日のBrave Fight18に出場する芦田崇宏(C) MMAPLANET

14日(月)、東京都渋谷区のTokyo Fight Club Bar&Show Restaurantで行われたBrave Fight18 & Grachan39の記者会見に引き続き、桐生祐子改め鈴木祐子がONE Warrior Series参戦の発表をし、意気込みを語った。


「ご存じかと思いますが、旦那の鈴木隼人がONEチャンピオンシップに出場していまして、大会にはセコンドとして同行しており、私もONEチャンピオンシップのリングに立ちたいと思うようになりました。そこで、出たいということを伝え、『まずONEウォリアー・シリーズに挑戦してみないか』とチャンスを貰え、2月28日のシンガポール大会に出場することになりました」と鈴木は抱負を語った。

ONEウォリアー・シリーズとはONEチャンピオンシップの育成大会であり、系列会社として活動し代表はリッチ・フランクリンが務めている。アジア各国でトライアウトを行ない、フランクリン自身が選んだ選手がONE出場を賭けて戦う舞台だ。

昨年は3度開かれ、今年は6イベントが予定されている。その第一弾に出場が決まった鈴木は、質疑応答のなかでONEを目指す理由を「JEWLESに出場させてもらってチャンピオンベルトを取ることができればと思っていたのですが、大きな大会にセコンドで行かせてもらってあの舞台にいつか立ちたいという想いが優ってきました。鈴木隼人と同じ舞台に立ちたいと思うようになりました」と話した。

対戦相手はONEからの正式発表を待つ形となるが、これまでウォリアー・シリーズでは韓国、モンゴル、フィリピン、マレーシア、タイなどアジア圏だけでなく、タイガー・ムエタイの所属の豪州、スペイン人女子選手が出場してきた。果たして、鈴木とONE出場を賭けて戦う選手は誰になるのか発表が待たれる。

同会見会場に姿を見せていた鈴木隼人は、「必ずONEに戻ります」と力強く語っていた。ONE復帰の道を探り、夢の夫婦同時出場を実現させてほしいものだ。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday