この星の格闘技を追いかける

【UFN140】試合結果 攻勢の中、バックを許した憂流迦がパントージャに一本負け……南米勢の確かな成長

UFN140【写真】アグレッシブな攻めが重視される一方で、高い防御力が必要だと改めて思い知らされた憂流迦の敗北。UFCという舞台の質の高さを今更ながら実感させされる(C)Zuffa LLC/Getty Images

17日(土・現地時間)、UFC初のアルゼンチン大会=UFC Fight Night140「Magny vs Ponzinibbio」が同国ブエノスアイレスのパルケ・ロカで開かれた。

Ponzinibbioメインは凱旋出場となったサンチアゴ・ポンジニビョがニール・マグニーにKO勝ちし、1万の同朋の大声援を浴びた。

今大会はアルゼンチンは当然として、コロンビア、ペルーなどブラジル以外の南米勢の出場も多く、その成長が大いに確認できた。そのような中、NYに居を移して2年となる佐々木憂流迦もまた、アレッシャンドリ・パントージャを相手に進歩の跡を見せながらも、RNCで一本負け──UFCの厳しさが改めて伝わってくるタップアウトとなった。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ロウレアノ・スタルポリXエクトル・アルバナ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=サンチアゴ・ポンジニビョジョニー・ヴァウケル


UFC Fight Night140「Magny vs Ponzinibbio」
<ウェルター級/5分5R>
○サンチアゴ・ポンジニビョ(アルゼンチン)4R2分32秒
KO
詳細はコチラ
×ニール・マグニー(米国)
<フェザー級/5分3R>
○リカルド・ラマス(米国)3R4分09秒
TKO
詳細はコチラ
×ダレン・エルキンス(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ジョニー・ヴァウケル(ブラジル)1R1分57秒
KO
詳細はコチラ
×カリル・ラウントリー(米国)
<ミドル級/5分3R>
○イアン・ハイニッシュ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×セザー・フェレイラ(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○マルロン・ヴェラ(コロンビア)2R1分31秒
RNC
詳細はコチラ
×ギド・カネッティ(アルゼンチン)
<118ポンド契約/5分3R>
○シンシア・カルヴィーロ(米国)1R4分48秒
RNC
詳細はコチラ
×ポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○ミシェウ・プラゼレス(ブラジル)1R1分02秒
ギロチン
詳細はコチラ
×バルトス・ファビンスキ(ポーランド)
<フライ級/5分3R>
○アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)1R2分18秒
RNC
詳細はコチラ
×佐々木憂流迦(日本)
<フェザー級/5分3R■>
○オースチン・アーネット(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ウンベルト・バンデナイ(ペルー)
<ウェルター級/5分3R>
○ロウレアノ・スタルポリ(アルゼンチン)3R
判定
詳細はコチラ
×エクトル・アルダナ(メキシコ)
<ライト級/5分3R>
○ジェソズ・ピネド(ペルー)3R
判定
×デヴィン・パウウェル(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ナッド・ネアモリ(英国)3R
判定
×アンデウソン・ドスサントス(ブラジル)

■ 対戦カード

<ウェルター級/5分5R>
ニール・マグニー(米国)
サンチアゴ・ポンジニビョ(アルゼンチン)

<フェザー級/5分3R>
リカルド・ラマス(米国)
ダレン・エルキンス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
カリル・ラウントリー(米国)
ジョニー・ヴァウケル(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
セザー・フェレイラ(ブラジル)
イアン・ハイニッシュ(米国)

<バンタム級/5分3R>
マルロン・ヴェラ(コロンビア)
グイド・カネッティ(アルゼンチン)

<女子ストロー級/5分3R>
ポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)
シンシア・カルヴィーロ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ミシェウ・プラゼレス(ブラジル)
バルトス・ファビンスキ(ポーランド)

<フライ級/5分3R>
アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
佐々木憂流迦(日本)

<フェザー級/5分3R>
オースチン・アーネット(米国)
ウンベルト・バンデナイ(ペルー)

<ウェルター級/5分3R>
エクトル・アルバナ(メキシコ)
ロウレアノ・スタルポリ(アルゼンチン)

<ライト級/5分3R>
デヴィン・パウウェル(米国)
ジェソズ・ピネド(ペルー)

<フェザー級/5分3R>
ナッド・ネアモリ(米国)
アンデウソン・ドスサントス(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday