この星の格闘技を追いかける

【WEF Global14&Arzalet】バットムンクは後頭部へのエルボーに抗議し、RNCでママシェフに一本負けに

WEF Global14【写真】ママシェフも良い選手だったが、フィニッシュ前の後頭部へのエルボーはいただけない(C)MMAPLANET

10日(土・現地時間)にキルギスはビシュケクのスポルトパラス・コズホムクルで開催されたWEF Global14&Arzalet。試合レポート第6弾はHEATに来日経験があり、Angels Fightではオク・レユンを破っているレンゾリク・バットムンクが、アルチンベック・ママシェフの持つWEF Pro Fight(WEFではGlobalとPro Fight、そしてSelectionという3ブランドのイベントを開催している)ウェルター級王座に挑戦した一戦をお伝えしたい。

<WEF Pro Fightウェルター級選手権試合/5分5R>
アルチンベック・ママシェフ(キルギス)
Def.2R1分05秒 by RNC
レンゾリク・バットムンク(モンゴル)

01開始と同時に右ローを蹴ったバットムンク。ママシェフは近めの距離でバットムンクのアクションを待つ。ワンツーをブロックしたママシェフに対し、バットムンクが左ジャブ、左ローを続ける。右ローを見せたバットムンク、ママシェフは後ろ回し蹴りを見せる。バットムンクは左ジャブから右ストレート、ママシェフが左フックを返す。プレッシャーを強めるバットムンクがワンツー、そしてローと同じリズムで攻撃を続ける。

02左ローが効いてきたようなママシェフは距離間を掴んだのか右ロングフック、ワンツーで前に出る。そして左フックを当てると、右ロングフックも届かせ、後ろ回し蹴り。バットムンクが右フックを打ち返すと、ママシェフが組んでテイクダウンに成功する。サイドを取ったママシェフがパウンドを落としたところで初回が終わった。

032R、ワンツー&左ミドルを繰り出したママシェフは、左で釣っておいてダブルレッグを決める。スクランブルに持ちこもうとしたバットムンクをバックマウントで捉え、パンチを振り下ろす。

ここで後頭部へヒジ打ちを入れたママシェフに対し、バットムンクがレフェリーを見やって反則だと抗議する。その刹那バットムンクのアゴが上がり、ママシェフがRNCに捉え勝負が決した。

セコンドのナンディンエルデンの猛抗議も実らず、バットムンクは一本負けとなった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday