この星の格闘技を追いかける

【WEF Global14&Arzalet】キルギスのタイソン、ダブルレッグからパウンドでTKO勝ち

WEF Global14【写真】 キャリア12勝3敗としたカナット。日本勢との絡みも期待したい(C)MMAPLANET

10日(土・現地時間)にキルギスはビシュケクのスポルトパラス・コズホムクルで開催されたWEF Global14&Arzalet。ここでは未知の中央アジアのMMAイベントからタイトル戦と注目のメインカードの試合の模様をお届けしたい。

まずはタイソンの異名を取り、ACBで試合経験もあるキルギスの人気ファイター=カナット・ケルディベコフの試合から。


<フェザー級/5分3R>
カナット・ケルディベコフ(キルギス)
Def.1R by TKO
ファリドゥン・ショムロドフ(タジキスタン)

01ロングタイツ着用のショムロドフの前蹴りをかわしたかカナットが右フックを空振りする。前に出て右ローを蹴ったカナットが左右のフックを見せ、ダブルレッグへ。ショムロドフはクローズドガードを取り、ギロチンへ。しかし、ガードは胴を両足で挟んでいるだけでコントロールはできていない。

ガードが割れるとカナットは一気にパスを決め、サイドからエルボーをボディに落とす。左右のパウンドを落としマウントへ。すぐに背を見せたショムロドフの体を伸ばすと、観客にガッツポーズを見せたカナットがパウンドを強打する。ショムロドフ陣営がタオルが投げ、ケージを越えることはなかったがレフェリーが試合を止めた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday