この星の格闘技を追いかける

【WEF Global 14 & Alzalet】 試合結果 シルクロードMMAの過酷な洗礼のなか藤巻優がライト級王者に

WEF Global14【写真】厳しい局面を切り抜け、WEFライト級王者となった藤巻優。アルゼルト勢唯一の勝利を手にした(C)MMAPANET

10日(土・現地時間)、キルギスはビシュケクのスポルトパラス・コズホムクルでWEF Global14&Arzaletが開催された。

本格的にスタートを切ったアルゼルトとキルギスのMMAプロモーション=WEFの交流。ルール、レフェリングなど競技運営面で課題を残したが、中央アジア勢のポテンシャルが日本に初めて伝わる大会となった。

上位カードの試合結果は以下の通り。

WEF Global 14 & Alzalet
<WEF Globalミドル級選手権試合/5分5R>
○ヌルスルタン・ルジボエフ(ウズベキスタン)3R0分28秒
TKO
詳細はコチラ
×マルコス・ソウザ(ブラジル)
<WEF Pro Fightウェルター級選手権試合/5分5R>
○アルチンベック・ママシェフ(キルギス)2R1分05秒
RNC
詳細はコチラ
×レンゾリク・バットムンク(モンゴル)
<WEF Globalバンタム級選手権試合/5分5R>
○ディションバイ・ウウル・バキベク(キルギス)4R3分46秒
RNC
詳細はコチラ
×ROY(日本)
<WEF Globalフェザー級選手権試合/5分5R>
○アブドゥルガジ・ガジエフ(ロシア)5R
判定
詳細はコチラ
×サンジャル・アジバエフ(キルギス)
<WEF Globalライト級選手権試合/5分5R>
○藤巻優(日本)4R3分01秒
腕十字
詳細はコチラ
×バイザック・ラキエフ(キルギス)
<73キロ契約/5分3R>
○ヌルガジ・バルタバエフ(キルギス)2R1分02秒
腕十字
詳細はコチラ
×ムングントスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)
<フェザー級/5分3R>
○カナット・ケルディベコフ(キルギス)1R
TKO
詳細はコチラ
×ファリドゥン・ショムロドフ(タジキスタン)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday