この星の格闘技を追いかける

【TUF10】第3週 MMAファン注目の一戦はネルソンの完勝

【写真】攻勢だったのは2Rの序盤のみ。結果的には完敗を喫したキンボ。ダナ・ホワイトはキンボの再登場を示唆したが…… (C) ZUFFA

ヘビー級ファイター16名が揃い、史上空前の盛り上がりをみせるジ・アルティメット・ファイター・シーズン10。第3週では、前回放送の最後に発表されたMMAファン注目の一戦がいよいよ実現、TUF10の顔キンボ・スライスと、元IFLヘビー級王者ロイ・ネルソンが激突した。

「このヒゲを剃るのはキンボに別れを告げる時。敵は自分自身だ」。試合前、いつになくシリアスに語るキンボに、チームメイト達は「この試合はPPVで金を払って観るほどの価値がある」と盛り上がる。

そんな折、ラシャド・エヴァンスの盟友キース・ジャーディンがトレーニングセンターを訪れ、チーム・ラシャドを激励。だが、そんなジャーディンの訪問を機に、またしても口論を始めるのが、ラシャドとランペイジだ。今年の3月、ジャーディンと対戦したばかりのランペイジは、「本来なら、お前と戦うはずだった」と詰め寄り、ラシャドも「アイツは口だけだ」と切り捨てる。


また、妙に打ち解けてきたランペイジとキンボ。ランペイジが「ヒゲはいつから生やしてるんだ?」と訊けば、キンボも「4歳になる息子が生まれる前からだ」と返し、二人は親しげに会話を続けた。

場面を変え、トレーニングセッションでは、マーカス・ジョンズがヒザを引きずるように歩き、痛みを訴えた。すると、その傍らでは、スコット・ジュンクが「キンボが勝った後は自分の番だ」と主張をするが、ジョンズも「次は俺のファイトだ」と強気に割って入る。ここでランペイジが「そんな状態で戦えるわけないだろ?」と突っぱねると、ジョンズは子供のようにふて腐れて立ち去ってしまう。

それでも、ランペイジが「ヒザの状態が万全になったら、戦ってほしい」と、改めて声をかけると、冷静さを取り戻したジョンズも「ごめんよ、コーチ」と素直に詫びたのだった。

そして、迎えた試合当日。ランペイジとウォーミングアップをするキンボ。ランペイジは、キンボそっくりに頭を剃り上げ、場を和ませたが、試合自体は非常に厳しい展開に――。

両者がオーソドックスで向かい、ネルソンがジャブでけん制し、キンボは首を振りながら距離を取る。キンボはローを返し、ジャブを伸ばしていくと、そのままプレッシャーをかけながら、ネルソンをケージに追い込み、ストレートからパンチを連打。これをダッキングしたネルソンが、キンボに組み付くと、反対にケージへと押し込み、テイクダウンから一気にマウントを奪取する。

そのお腹をキンボの顔に押し付けるように密着したネルソンは、パウンドからサイドポジションへと移行、キンボの右腕を左足で固定し、パウンドを連打。両腕を使えないキンボは絶体絶命となったが、残り10秒を耐え忍び、ブザーに救われる格好となった。

2R、キンボがジャブからストレートを伸ばし、左フック。続け様、勝負を懸け、ワンツーを狙ったが、これをかわされると、ネルソンは組み付いていった。それでも、キンボは、ネルソンの巨体を突き放しながら、ショートのパンチを叩き込み、首相撲からヒザ蹴りを狙う。だが、このヒザ蹴りはヒットせず、そのまま押し倒されるようにテイクダウンを奪われると、1Rと同様、サイドからパウンドを落とされ、キンボに大きなダメージこそ見られなかったが、3分をきったところでレフェリーが試合をストップした。

キンボの完敗に、「ネルソンのパウンドも中途半端だよな」と振り返ったダナ・ホワイト。勝ったネルソンは、「ダブルワッパーチーズバーガーをくれ。ピクルスは抜きで」と自分の体型を自虐的にアピールしてみせた。

第3週にして、はやくも中心人物を欠くことになったTUF10。だが、放送の最後、ダナは「アルティメットファイターは、終わるまで何が起こるかは分からない。キンボがもう一回戦うことだってあるかもしれない」と語り、その再登場を示唆した。

The Ultimate Fighter 10 Official Sponsor

全米席捲!TUFシーズン10公式スポンサー&UFCファイターご用達、アメリカNo.1格闘技ブランド“TAPOUT”2009-2010 秋冬物入荷!!!

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday