この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#9】ウィル・ブルックスがドローも初回を落とし、マゴメドフが準決勝進出

<ライト級準々決勝/5分2R>
ラシッド・マゴメドフ(ロシア)
Draw.19-19.19-19.19-19
ウィル・ブルックス(米国)

ローやミドル、そしてハイと左の蹴りを多用するマゴメドフ、ブルックスはワンツーを放っていく。左リードアッパーを当てたマゴメドフは左ミドルハイを蹴っていく。ブルックスもハイを返すが、テイクダウン狙いは切られる。後ろ回し蹴りを見せあうと、マゴメドフが左ジャブを入れ、ブルックスも左を伸ばす。ミドルを蹴られるブルックスは組んでいくが、テイクダウンに結びつけることができない。逆に右に右を合わされ、このままでは初回を落として厳しい状況に追い込まれる。

ブルックスの右に、またもマゴメドフが右をカウンターで当て、右ハイへ。後ろ回し蹴りという見栄えのある技から、左ハイに繋いたマゴメドフが、ダメージという部分では互角でも手数でタイブレイカーとなったか。

2R、構えを小刻みに変えるブルックスにマゴメドフが後ろ回し蹴りをわき腹に当てる。さらに左ハイがアゴ先にかする。ブルックスも右をようやく当てるが、続く前進に右を当てられる。殴られたままケージにマゴメドフを詰めたブルックスだが、時間をかけた末に体を入れ替えられてしまう。マゴメドフの小外掛けの仕掛けから距離ができると、ブルックスが右を届かせる。

残り40秒を切り、マゴメドフが組んでブルックスを金網に押し込む。押し返し離れたブルックスに左ハイ、後ろ回し蹴りと空を切ったが攻める姿勢を見せたマゴメドフ。結果、ドロー&初回を制したマゴメドフが準決勝に駒を進めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY