この星の格闘技を追いかける

【UFC228】まるで女子版グリフィン×ボナー、アルダナがブディロワからスプリット判定勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
アイリーン・アルダナ(メキシコ)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ルシエ・プディロワ(チェコ)

様子見の打撃戦のなかでアルダナが右ショートをヒットさせる。プディロワは左ジャブで前に出ていくが、アルダナがカウンターを当てる。パンチを受けても、勢いが良くなったプディロワはパンチの勢い増し、後ろ回し蹴り、さらに前蹴りを顔面に蹴り込みラウンドを取った。

2Rに入るとプディロワの勢いに圧されるようになったアルダナは、相打ちで打ち負けて下がる場面が見られる。それでも右ローを蹴り込んだアルダナは蹴っては離れるという展開のなかでカウンターを狙う。ボディアッパーを入れたアルダナに対し、手数が減ったプディロワが左ジャブを当て、左ハイへ。

まるでダッチキックボクシングのように攻めて、受けるというリズムのなかでプディロワが連打を繰り出すが、アルダナは頭を振ってかわし、テイクダウンへ。これを切ったプディロワがエルボーを入れてラウンドを締めた。

最終回、変わらず勢いのある右ローを蹴っていくアルダナ。プディロワも右を伸ばして、ハイキックを繰り出す。さらに右を当てたプディロワは、上体を振って前に出て来るアルダナに左を当てる。アルダナも右を返して、防御力はプディロワの上をいく。しかし、前に出る姿勢が買われがちMMAにあって、アルダナのフットワークはどのように判断されるか。

ジャブの差し合いからアッパーを入れ、ワンツーを入れたアルダナ。両者とも顔を真っ赤に染めて気持ちの入ったキックボクシング戦を続ける。残り75秒で組んだプディロワに対し、アルダナがヒザ蹴りを2発突き上げる。離れたアルダナを追いかけるプディロワは左の相打ちから、パンチを3発まとめる。アルダナも前に出て右ボディアッパー、そしてローへ。最後の10秒を切ってスーパーマンパンチを当てたプディロワは、タイムアップと同時にアルダナをハグし、健闘を称え合った。

「凄くタフな相手との戦いを楽しめた。KOしたかったけど、本当に彼女はタフだった」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY