この星の格闘技を追いかける

【Grachan36】フライ級王座決定戦 松場貴志「ミニトマトに水」×山本聖悟「試合は綺麗な打撃が当たる」

Yamamoto vs Matsuba【写真】前哨戦は山本の完勝(C)MMAPALANET

8日(土)に東京都新宿区のカラオケパセラで、明日9日(日)に東京都大田区の大田区総合体育館で開催されるGRACHAN 36の計量が行われた。ここでは計量後の記者会見からフライ級王座決定戦で戦う松場貴志、山本聖悟の両者、名古屋対決への(約1名の間違った)意気込みと質疑応答の模様をお届けしたい。


松場貴志
「ちょっとSNSで見たんですけど、悪自慢をしていて。山本君、ヤンチャ話をしていたけど、まぁ被害者いますからね……それは。ヤンキーか暴走族か知らないですけど、被害者いますからね。僕、何していたか分かりますか? あなたが単車を転がしていた時、私は何していたか分かりますか。(山本が『勉強?』と返答)毎日、朝からミニトマトに水やっていました。……私はヤンキーの真逆をいく逆ヤンキーです。明日、フライ級チャンピオンシップはヤンキー×逆ヤンキーでお願いします」

山本聖悟
「名古屋から来た第2代グラチャン・フライ級チャンピオンの山本です。準決勝の相手の植木(新)選手がローキックで足を肉離れしたんです。明日、松場さんは肉離れして歩けんくなるんで、ちょっとプレゼント用意しました。名前何で知ったっけ? (「僕ですか?  僕、松場です」という返答後)マツバ、松葉杖──用意ました。明日、応援よろしくお願いします!!」

──同じ名古屋勢、練習もしたことがあると思います。練習で肌を合わせた印象、そして試合になると違うぞということがあればお願いします。

松場 真面目に返しますけど、1回か2回……1回やりました。全然練習していない時にやって──油断もなく、普通に良い選手だと僕は思いました。

山本 そっくり、そのまま良い選手だと思います。変則的な打撃がやり難いかと思いますが、試合はまた違うので僕のキレイな打撃が当たると思います。

■Grachan36計量結果

<Grachanフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者]阪本洋平: 65.7キロ
[挑戦者]原井徹: 65.6キロ

<Grachanライト級王座決定戦/5分3R>
山本琢也: 70.3キロ
岸本泰昭: 70.1キロ

<フェザー級/5分2R>
昇侍: 65.65キロ
近藤淳平: 65.35キロ

<ミドル級/5分2R>
圭太郎: 83.7キロ
清水来人: 83.0キロ

<バンタム級/5分2R>
中村謙作: 61.2キロ
米山千隼: 61.15キロ

<女子アトム級/5分2R>
沙弥子: 47.35キロ
チェ・ジュ: 47.47キロ
※100グラムオーバーも着用していた水着の重さを図り、100グラムだったのでクリアーとなった

<Grachanフライ級王座決定戦/5分3R>
松場貴志: 56.65キロ
山本聖悟: 56.5キロ

<Grachanバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]堀友彦: 61.1キロ
[挑戦者]手塚基伸: 60.95キロ

<フェザー級/5分2R>
伊藤空也: 65.8キロ
遠藤来生: 64.95キロ

<フェザー級/5分2R>
AYA: 55.9キロ
サン・アルン: 56.4キロ

<フライ級/5分2R>
ネコ☆佐々木: 56.65キロ
吉澤勇人: 56.5キロ

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY