この星の格闘技を追いかける

【Grachan36】ライト級王座決定戦 山本琢也「盛り上げましょう!!」×岸本泰昭「殺意がぐらつく」

Yamamoto vs Kishimoto【写真】まさに誠実さ、謙虚さ、尊敬、勇気、規律、思い遣りが感じられた会見でのコメントだった(C)MMAPALANET

8日(土)に東京都新宿区のカラオケパセラで、明日9日(日)に東京都大田区の大田区総合体育館で開催されるGRACHAN 36の計量&会見が行われた。計量後の記者会見からタイトル戦4試合に出場する8選手の中から、ライト級王座決定戦で戦う山本琢也と岸本泰昭の意気込みと質疑応答の模様をお届けしたい。


山本琢也
「岸本選手、遠くからきていただきありがとうございます。明日は自分の持ち味である気持ちで戦おうと思っています。自分が勝ってベルトを巻くので、明日は宜しくお願いします。盛り上げましょう!!」

岸本泰昭
「今日、計量会場に来る時に山本選手と会って、めっちゃきっちりここまでエスコートしてもらいました。その人柄の良さに殺意がぐらつきかけたのですが、リスペクトできる選手なので思い切りぶつかって完全決着できるよう──フィニッシュに拘る試合をしたいと思います」

──山本選手は家庭があり格闘技だけできないと言われていました。その一方で岸本選手は関西一の私立大学を卒業し、大企業に就職しながら格闘家として生きるために仕事を辞めました。お互いに相手の格闘技への向き合い方について、どのように思うか教えてください。

山本 人それぞれ生き方があると思うので、自分の生き方は自分の生き方だし、岸本選手は岸本選手の生き方なので、どのような人生でも誰に対してもリスペクトしています。

岸本 自分の好きなことだけをできる人生も良いと思いますけど、周りの人のサポートや理解があって限られた時間でも自分の力を尽くして、自分のやりたいことを追及し、試合を見てもらって恩返しをするという形だと思うんです。家庭を持って、限られた時間で強くなっていくのも素晴らしい、一つの良い形だと思います。

■Grachan36計量結果

<Grachanフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者]阪本洋平: 65.7キロ
[挑戦者]原井徹: 65.6キロ

<Grachanライト級王座決定戦/5分3R>
山本琢也: 70.3キロ
岸本泰昭: 70.1キロ

<フェザー級/5分2R>
昇侍: 65.65キロ
近藤淳平: 65.35キロ

<ミドル級/5分2R>
圭太郎: 83.7キロ
清水来人: 83.0キロ

<バンタム級/5分2R>
中村謙作: 61.2キロ
米山千隼: 61.15キロ

<女子アトム級/5分2R>
沙弥子: 47.35キロ
チェ・ジュ: 47.47キロ
※100グラムオーバーも着用していた水着の重さを図り、100グラムだったのでクリアーとなった

<Grachanフライ級王座決定戦/5分3R>
松場貴志: 56.65キロ
山本聖悟: 56.5キロ

<Grachanバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]堀友彦: 61.1キロ
[挑戦者]手塚基伸: 60.95キロ

<フェザー級/5分2R>
伊藤空也: 65.8キロ
遠藤来生: 64.95キロ

<フェザー級/5分2R>
AYA: 55.9キロ
サン・アルン: 56.4キロ

<フライ級/5分2R>
ネコ☆佐々木: 56.65キロ
吉澤勇人: 56.5キロ

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY