この星の格闘技を追いかける

【Grachan36】フェザー級選手権試合。阪本洋平「皆に感謝」× 原井徹「ポテトチップスには意味がある」

Sakamoto vs Harai【写真】10周年記念大会のメインは阪本×原井(C)MMAPALANET

8日(土)に東京都新宿区のカラオケパセラで、明日9日(日)に東京都大田区の大田区総合体育館で開催されるGRACHAN 36の計量&会見が行われた。ここでは計量後の記者会見からタイトル戦4試合に出場する8選手より、フェザー級タイトル戦を戦うチャンピオン阪本洋平とチャレンジャー原井徹の意気込みと質疑応答の模様をお届けしたい。


阪本洋平
「明日の意気込みとかってないんですけど、言いたいのは1人で試合に出させてもらっているわけでないので。僕をサポートしてくれた方たち、経済的に支えてくれたスポンサーの皆さん、病院の職場の皆さん、明日応援に来てくれる方、食堂のおっちゃんもおばちゃんもご飯食べさせてくれて、減量でイライラしているのに付き合ってくれた方、皆に感謝して、僕は試合をしたいです」

原井徹
「今回でタイトルマッチは3度目なのですが、あまりその印象はなくてどちらかというと阪本選手と戦えることに意味があるかなと思っています。ベルトも欲しいですが、阪本選手と試合をする。阪本選手に勝つということがベルト以上の価値を持っていると思っています。敬意をもって倒したいです」

──計量直後に原井選手がポテトチップスを食べているのを見て、凄く驚かされました。ここでポテトチップスを食べるのは何か理由があるのでしょうか。またポテトチップスを計量後に食べる選手をどう思うのか、阪本選手にお伺いしたいです。

原井 ポテトチップスを食べるのは……グラチャンではずっと食べています。どういう意味で食べているのかは、何回も説明するのは嫌なので儀式のようなものだと思って貰えればと(笑)。意味のあるポテトチップスだと思って貰えれば……(※岩崎代表から『塩分を摂っているんだよね』というツッコミに)ハイ、塩分摂取です。 

阪本 それはちょっと理解できないですけど、まぁ何をしようが気にならないです。

──今日、計量でお互い向き合ってどのように感じましたか。

阪本 印象? 原井選手も良い練習でベストに仕上がってきたでしょうし、僕もそうなので。それでお願いします。

原井 良い顔つきなので体調が良いのだろうと思います。明日は思い切り試合ができるなと思います。それだけです。

■Grachan36計量結果

<Grachanフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者]阪本洋平: 65.7キロ
[挑戦者]原井徹: 65.6キロ

<Grachanライト級王座決定戦/5分3R>
山本琢也: 70.3キロ
岸本泰昭: 70.1キロ

<フェザー級/5分2R>
昇侍: 65.65キロ
近藤淳平: 65.35キロ

<ミドル級/5分2R>
圭太郎: 83.7キロ
清水来人: 83.0キロ

<バンタム級/5分2R>
中村謙作: 61.2キロ
米山千隼: 61.15キロ

<女子アトム級/5分2R>
沙弥子: 47.35キロ
チェ・ジュ: 47.47キロ
※100グラムオーバーも着用していた水着の重さを図り、100グラムだったのでクリアーとなった

<Grachanフライ級王座決定戦/5分3R>
松場貴志: 56.65キロ
山本聖悟: 56.5キロ

<Grachanバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]堀友彦: 61.1キロ
[挑戦者]手塚基伸: 60.95キロ

<フェザー級/5分2R>
伊藤空也: 65.8キロ
遠藤来生: 64.95キロ

<フェザー級/5分2R>
AYA: 55.9キロ
サン・アルン: 56.4キロ

<フライ級/5分2R>
ネコ☆佐々木: 56.65キロ
吉澤勇人: 56.5キロ

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY