この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#7】アレンカウがカイルに判定勝ちもプレーオフ進出を逃す

<ヘビー級/5分3R>
カイオ・アレンカウ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
マイク・カイル(米国)

左ミドルを蹴ったアレンカウが続いて右前蹴り、カイルはローから左フックでダウンを奪う。アレンカウが立ち上がって来るのを待ったカイルは、パンチにシングルを合わされケージに押し込まれてからテイクダウンを奪われる。

アレンカウはマウントを取り、パウンドを落とすとカイルが背中を見せる。勝負有りかと思われたが、上を向きなおしたカイルが下から腰を押し、ガードに戻す。アレンカウは再びパスからマウントを狙いつつ、いやがって背中を向けたカイルにパンチを落とす。カイルの動きに合わせてマウント、肩固めから体をスライドさせたアレンカウが絞め続ける。

アレンカウは肩固めを解き、マウントからパンチ攻撃に移行する。肩固め狙いをブリッジで返し、上を取ったカイルがパウンドで反撃へ。カイルはトップからパンチを落としラウンド終了を迎えた。

2R、スタンドで粗い打撃を交換する両者。アレンカウはダブルレッグ・テイクダウンからマウントを奪取しパンチを落とす。ケージを蹴って逃げようとするカイル。一度はスタンドに戻ることに成功するが、自ら仕掛けてテイクダウンでバランスを崩しマットに倒れてしまう。アレンカウはすかさずマウントを取り肩固めへ。絞めを解いて抑え込んだアレンカウがラウンドを取った。

最終回、ノーガードでパンチを振るって前に出るアレンカウは、スタミナを切らしておりパンチを打つたびに軸が乱れる。カイルはこの状態のアレンカウに簡単にテイクダウン&マウントを許すほど疲弊してしまっている。アレンカウもまた極まりそうにない肩固めを仕掛け、これを解いてパンチを落とすも疲れで動きは鈍い。このまま時間は過ぎて、残り1分を切る。

上体を起こしてパンチを落としたアレンカウは、すぐに胸をつける。最後の10秒で勢いをつけたパウンドを落としたアレンカウが、3-0で判定勝ちを収めたものの3Pの獲得では8以内に入れず、プレーオフ進出はならなかった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY