この星の格闘技を追いかける

【UFN19】ネイトが1年ぶり凱歌、メイナードはフエルタ下す

【写真】逆境を跳ね返すネイトの一本勝ち。クレイ・グイダ、ジョー・スティーブンソンに連敗を喫し、崖っぷちの状態から再起の一歩を踏み出した (C) ZUFFA

9月16日(水・現地時間)、米国オクラホマ州オクラホマシティにあるコックス・コンベンションセンターで開催されたUFC FIGHT NIGHT19『Diaz vs Guillard』。94年の12月に行われた第4回タルサ大会以来、同州では実に15年振りのUFC開催だ。

UFC人気に火をつけたTUF出身ファイターが大挙して参戦を果たし、好カードがズラリと並んだ同大会。そのメインイベントでは、TUFシーズン5のウィナーのネイト・ディアズが、TUF3出身のメルビン・ギラードと対戦した。

試合は序盤からギラードが強烈なパンチでネイトからダウンを奪い、ネイトがテイクダウンを仕掛けてもケージを背にスクッと立ち上がっては、豪快な首投げでテイクダウンを奪い返すなど、ギラードのペースで進んだ。ラウンド中盤以降も、ヘッドスリップでネイトのジャブをかわしていくギラードは、2Rに入るとパンチのフェイントからタックルを狙ったが、ここでネイトはギラードをギロチンで捕獲。一瞬の勝機をモノにして、1年ぶりの勝利をオクタゴンで挙げた。


セミでは、TUFシーズン5の準決勝でネイトに敗れながらも、公式戦では無敗のグレイ・メイナードが、ズッファ上層部批判で一時オクタゴンから離れていたロジャー・フエルタと激突。1Rから精度の高いパンチで優勢に試合を進めるメイナードに対し、最大の長所である爆発的な攻撃力をみることができないフエルタ。3Rには、メイナードがテイクダウンから、キムラロックで攻め込んだが、ここではフエルタも粘りをみせ、最後は判定に。フエルタの勝利とする信じられないジャッジもいたが、2-1のスプリットでメイナードの勝利、連勝を8に伸ばした。

また、TUFシーズン1の人気者=ネイト・クォーリーと、シーズン7で準決勝敗退後、ジェシー・テイラーの離脱により、敗者復活戦に出場したティム・クレドゥアーによるミドル級戦、元WEC世界ウェルター級王者カーロス・コンディットと、ベラトールFCやボードックファイトでキャリアを積んだジェイク・エレンバーガーのウェルター級戦は、いずれも白熱の好勝負を展開。試合は判定までもつれ、クォーリーとコンディットがそれぞれ勝利を挙げている。

さらに、SpikeTV放送枠からは漏れたが、かつては、WEC世界ライトヘビー級王座を巡り、その戦いがVERSUSで全米中継されたこともあるブライアン・スタン×スティーブ・キャントウェルの3度目の対戦は、判定でスタンが勝利を挙げた。

ファイトナイト中継後には、ヘビー級ファイターによるTUFシーズン10の放送も始まり、今週末にはテキサス州ダラスでUFC103も開催、見逃せない戦いはまだまだ続きそうだ。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie