この星の格闘技を追いかける

【Brave CF14】ラカイのパカティウがケビン・リー実弟キースにスプリット判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ジェレミー・パカティウ(フィリピン)
Def.2-1:29-28.29-28,28-29
キース・リー(米国)

ケビン・リーの実弟キース・リーに対し、パカティウはローから右ミドルを蹴っていく。スイッチヒッターのリーがサウスポーになると、パカティウが右インサイドロー、さらに右ミドルを入れる。オーソになっても前足を削るパカティウはミドルキックをキャッチされケージに押し込まれる。抱え上げて来たリーにギロチンで捉えたパカティウが反対側のケージまでドライブし、ヒザを入れる。

ギロチンを防いだリーが体を入れ替え、パカティウをケージに押し付ける。腰を落としてシングルを防ぐパカティウはウィザードから左エルボーを打ち込む。直後にブレイクが掛かり、両者が離れる。パカティウは再びローで前足を削るも、リーがダブルレッグで肩口に抱え、走ってスラム。パンチを落としたところで初回が終わった。

2R、右ローを連続で蹴るパカティウの右ミドルに、リーが右を合わせる。さらに右を入れたリー、パカティウも前に出て右を当てる。さらにミドルから右ロングフックを狙うも、これは届かず。前に出て来たリーに右をヒットさせたパカティウが、追い打ちのラッシュでダウンを奪う。すぐに起き上がりクリンチに持ち込んだリーのテイクダウン狙いを徹底した切ったパカティウが右ヒザをボディに突き上げる。

それでも押し込み続け、シングルでテイクダウンを狙ったリーをギロチンで捉えたパカティウ。ガードを取るも足が組めず、頭を抜いたリーがトップからパンチを打ちつける。立ち上がったパカティウはがぶられてヒザを顔面に受ける。残り1分で離れたリーの組み際にパカティウが右ハイを入れる。顔面を蹴られながら組み付いたリーがダブルレッグに成功。リーが腰を上げてパンチを振り下ろしたところで2Rが終わった。

最終回も引き続きローを入れるパカティウが、左ミドルへ。テイクダウンを警戒してから、パカティウはレンジの外に位置取る。右ミドルを蹴られたリーが、ケージに押し込みシングル、ダブル、ボディロックでテイクダウンを狙い続ける。残り2分半でレフェリーがブレイクを命じ、ケージ中央で試合が再開。

互いに右を打ち合い、パカティウは左右に大きくステップを踏む。リーはここもシングルレッグ&ドライブ。残り30秒でテイクダウンに成功する。蹴り上げを捌いて横を取りつつ、パンチを落としたリー。タイムアップと同時に、両者がケージに駆け上がり勝利をアピールした。結果、スプリットに割れた裁定を──フィニッシュに近い攻撃をしたことが評価され──モノにしたパカティウが3連敗を逃れた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY