この星の格闘技を追いかける

【UFN19】メイナードが8連勝、フエルタは持ち味出ず

【写真】完敗といっていい敗戦を喫した“マタドール”フエルタ。大物食いに成功したメイナードは一躍タイトル戦線浮上か (C) ZUFFA

■第9試合 ライト級/5分3R
グレイ・メイナード(米国)
Def.3R終了/判定2-1
ロジャー・フエルタ(米国)

左右に移動しながら、テイクダウンのタイミングをはかるメイナード。徐々にプレッシャーを掛け、距離を詰めていく。最初のコンタクトでは、すぐに距離を取りなおしたメイナードだが、直後に右ストレートを伸ばしていく。

サウスポーにスイッチしたフエルタの顔面をメイナードの右がヒット、バランスを崩すフエルタはハイキックを放ったがクリーンヒットできない。再びメイナードの右オーバーフックがヒット、荒いフエルタのパンチに直線軌道のパンチが有効なようだ。


構えを右に戻したフエルタに、メイナードはダブルレッグを仕掛け、ケージに押し込んでいく。テイクダウンはならなかったメイナードが、切れの良いパンチを見せ、抑え気味のフエルタをリードして初回を終えた。

2R、左ミドルから右ローを見せたフエルタだが、メイナードの強力な右ボディに動きが止まる。左フックから距離を詰めたメイナード、フエルタは左ローでその左前足を狙う。スイッチを繰り返すフエルタに、メイナードの右がまたもヒット。観客の期待に応え、前に出たフエルタだったが、メイナードの右ボディ、さらに左ジャブを受けて腰をマットに落としてしまう。立ち上がって、必死にパンチを振るうフエルタだが、メイナードは精度の高いパンチでマタドールの持ち味を消していく。

アグレッシブでないフエルタは、ただのパンチの荒いファイターに変わってしまったのか、手打ちのパンチではカレッジレスリングで鍛え上げたメイナードの軸を崩すことはできない。

最終回、フエルタのミドルとメイナードのフックがクロスする。テイクダウン狙いのメイナードに、フエルタのヒザがヒット。しかし、次のダブルレッグダイブでついにテイクダウンを許してしまった。背中を見せて立ち上がるが、そのまま腰をコントロールされたフエルタは、低い姿勢からダルブレッグを仕掛けた。しかし、腰をひいてバック奪ったメイナードは、そのままダルブレッグからリフトアップし、テイクダウンに成功する。

パス狙いからバック、前転してガードを取るフエルタに、メイナードがアームロック。首を両足で挟み、思い切り腕を折り曲げたフエルタは、ここを耐え切りトップを奪った。ディフェンス面で本来持つ、気持ちの強さを見せたフエルタだったが、残り時間40秒を切ったところで、再びテイクダウンを奪われた。最後はレスリング合戦となり、残り10秒を切ってもパンチを出さないフエルタは、KOパンチを受ける隙はなかったものの、最大の長所である爆発的な攻撃力を見せないまま、13カ月ぶりのファイトを終えた。

ジャッジの裁定は、29-28でフエルタが一人、残りの二人は30-27でメイナード。どうすれば、フエルタが2Rも取ることができるのか――、理解できないジャッジもいたが、メイナードがおとなしすぎるフエルタをほぼ完封し、連勝を8に伸ばした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie