この星の格闘技を追いかける

【ALL JAPAN JJC 2018】無差別級は関根秀樹、団体優勝はカルペディエム!!

Open【写真】関根はウルトラヘビー級とオープン、ダブル優勝となった(C)JBJJF & TSUBASA ITO

5日(日)、東京都大田区の大田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の第19回全日本ブラジリアン柔術選手権が開催された。文字通り、ブラジリアン柔術の日本一を決するべく熱戦が繰り広げられたアダルト黒帯各階級の模様をリポート──最終回は無差別級の戦いをお伝えしたい。
Text by Lighthouse


24名も参加した無差別級──日本一決定戦。2年ぶりに参戦した関根“シュレック”秀樹を止める選手が現われるのかが、優勝戦線を占うポイントとなった。

Yuta Nakamura準決勝へ進出したのは、関根、ホブソン・タンノ、クォン・サンファン、櫻井健の4名となる。タンノはミドル級を制したトーマス・ミーツからヒザ十字固めで一本勝ちを収めた中村勇太を下して勝ち上がった。ヘビー級1人優勝のサンファンは、後藤悠司、山脇悠佑を下しての準決勝進出だ。

接戦となったタンノとサンファンの準決勝。ダブルガードの展開から互いにルーチが与えられて、2-3とサンファンが劣勢に。ここからスイープ合戦となり、最後に上を取ったタンノが6-4と逃げ切った。

Sekine vs Sakuraiもう一方の準決勝は、連続一本勝ちで関根戦へあと一つまで迫った伊東元喜をアドバンテージ1差で退けた櫻井が表彰台圏内に進出。ダブルガードの攻防から、ベリンボロの動きを見せた関根がヒザ固めを極めて一本勝ち。今回、スタンドの投げに拘らず下からの攻撃が目立った関根は、課題を持って戦っているようにも見えた。

Sekine X Tanno決勝はタンノと関根の対戦となり、ここもダブルガードからベリンボロの動きを見せた関根がアドバンテージを獲得し、パスガードに成功する。さらに関根はニーインベリーで、アドバンテージに続き2ポイントを加点する。5-0でタンノを下した関根が、2年ぶりにブラジリアン柔術日本一の称号を手に入れた。

また団体戦はカルペディエムが2連覇、準優勝はインファイトジャパン、さらに3位にアクシス柔術が入った──2018年のJBJJF主催の全日本ブラジリアン柔術選手権だった。

■第19回全日本ブラジリアン柔術選手権 リザルト

【団体成績】
優勝 CARPE DIEM
準優勝 インファイトジャパン
3位 アクシス柔術アカデミー

【アダルト黒帯ルースター級】
優勝 芝本幸司 (トライフォース柔術アカデミー)
準優勝 澤田伸大 (トライフォース柔術アカデミー)
3位 物河祐亮 (エクストリーム柔術アカデミー)、渡辺翔平 (ポゴナ・クラブジム)

【アダルト黒帯ライトフェザー級】
優勝 橋本知之 (CARPE DIEM)
準優勝 鍵山士門 (DeLariva JJ)
3位 冨田尚弥 (パラエストラ)、加古拓渡 (グラップリングシュートボクサーズ)

【アダルト黒帯フェザー級】
優勝 八巻祐 (X-TREME EBINA)
準優勝 大塚博明 (PSBJJ Ogikubo)
3位 塚田市太郎 (DAMM FIGHT JAPAN)、カルロス・キムラ (IMPACTO JAPAN B.J.J)

【アダルト黒帯ライト級】
優勝 ホブソン・タンノ (インファイトジャパン)
準優勝 ミケヤス・トシオ・アサダ (IMPACTO JAPAN B.J.J)
3位 細川顕 (ALMA FIGHT GYM HOMIES)、柿澤剛之 (リバーサルジム川口リディプス)

【アダルト黒帯ミドル級】
優勝 トーマス・ミーツ (CARPE DIEM)
準優勝 田村幸成 (CARPE DIEM)
3位 伊東元喜 (柔専館)、森戸新士 (藤田柔術)

【アダルト黒帯ミディアムヘビー級】
優勝 添田航平 (吹田柔術)
準優勝 中村勇太 (T-REX柔術アカデミー)
3位 マルシオ・レイス (CHECKMAT JAPAN)、(バッファローMMA)

【アダルト黒帯ヘビー級】
優勝 クォン・サンファン (DeLariva JJ)

【アダルト黒帯ウルトラヘビー級】
優勝 関根“シュレック”秀樹 (ブルテリアボンサイ)
準優勝 平間良浩 (IMPACTO JAPAN B.J.J)

【アダルト黒帯オープンクラス】
優勝 関根“シュレック”秀樹 (ブルテリアボンサイ)
準優勝 ホブソン・タンノ (インファイトジャパン)
3位 クォン・サンファン (DeLariva JJ)、櫻井健 (ねわざワールド)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY