この星の格闘技を追いかける

【ALL JAPAN JJC2018】中量~重量級、トーマス・ミッツ、添田航平、関根秀樹が日本一に!!

Middle【写真】ミッツもアジアが楽しみだ (C)JBJJF & TSUBASA ITO

5日(日)、東京都大田区の大田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の第19回全日本ブラジリアン柔術選手権が開催された。文字通り、ブラジリアン柔術の日本一を決するべく熱戦が繰り広げられたアダルト黒帯各階級の模様をリポート──第5弾はミドル、ミディアムヘビー、ウルトラヘビー級の戦いをお伝えしたい。
Text by Lighthouse


Middle Podium【ミドル級】
ミドル級は今年、黒帯で初めてムンジアルを経験したトーマス・ミーツの強さが目立った。初戦を一本勝ちで突破すると、続く準決勝では森戸新士を相手にガードポジションを選択し、スイープ、バックコントロール、スイープ、パスガードと怒涛の攻めを見せ、5分が経過した段階で11-0と勝負を決定づける。その後もポイントを加算したミッツは、25-0で完勝を収めて決勝進出を決めた。

もう一つの準決勝は、田村ヒビキこと田村幸成と伊東元喜が対戦。互いに攻め手に欠け、ポイント0-0、アドバン1-1の同点となったが、ルーチをひとつ多く取られていた伊東が敗北。

決勝はトーマスと田村のカルペディエム対決となったため、クローズアウトでトーマスの優勝が決まった。

Mid Heavy【ミディアムヘビー級】
結晶は中村勇太と添田航平が決勝戦で激突。初戦となった準決勝をポイント13-0で圧勝していた添田の勢いは、決勝でも衰えなかった。

開始直後、中村のハーフガードの足を抜いた添田は、パスガードを決めて3点を先制。そこから3連続でパスを決めてポイント12-0とリードを広げると、直後に腕十字を極めて一本勝ち。黒帯ミディアムヘビー級の日本一に輝いた。

Ultra Heavy【ウルトラヘビー級】
ワンマッチ決勝となった同階級。平間良浩と対戦した関根“シュレック”秀樹は下を選択し、クローズドガードの態勢となる。

平間はパスを狙いアタックを仕掛けるが、頑強な関根のハーフガードにより足が抜けず、こう着状態のまま迎えた7分過ぎ──関根が体を起こし、スイープの2点が入る。

そのままスタンドの攻防に移行し、バックを取った関根は豪快に後方へテイクダウン。ポイントにはならなかったが、場内からは大きなどよめきが起こる一発だった。そしてスタンドのままタイムアップとなり、関根がポイント2-0で優勝を決めた。

なおヘビー級はクォン・サンファンが一人優勝となっている。

■リザルト
【ミドル級】
優勝 トーマス・ミーツ (CARPE DIEM)
準優勝 田村幸成 (CARPE DIEM)
3位 伊東元喜 (柔専館)
3位 森戸新士 (藤田柔術)

【ミディアムヘビー級】
優勝 添田航平 (吹田柔術)
準優勝 中村勇太 (T-REX柔術アカデミー)
3位 マルシオ・レイス (CHECKMAT JAPAN)
3位 新美吉太郎 (バッファローMMA)

【ヘビー級】
※優勝 クォン・サンファン (DeLariva JJ)

【ウルトラヘビー級】
優勝 関根“シュレック”秀樹 (ブルテリアボンサイ)
準優勝 平間良浩 (IMPACTO JAPAN B.J.J)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY