この星の格闘技を追いかける

【Pancrase298】新パンクラス女子ストロー級女王ヴィヴィアニ・アロージョ「作戦がハマったわ」

Vivi【写真】ベルトを守るという発言が聞かれたが、現時点ではランカー2人に圧勝しているのが現状だ(C)PANCRASE

5日(日)、東京都台東区の新木場スタジオコーストで開催されたPancrase298。で、藤野恵実をアウトボックスと寝技で圧倒したヴィヴィアニ・アロージョが新ストロー級クイーン・オブ・パンクラシストに輝いた。

ひたすらにアグレッシブという印象を残した作戦の国内初戦と違い、勝つべきことを全うした新チャンピオンに大会終了直後、喜びの声を訊いた。


──王座奪取おめでとうございます。今の気持ちをお願いします。

「凄く嬉しいわ。これまでやってきたこが、この結果に結びついたから(笑)」

──昨年の来日時には見せなかったサウスポーからの攻撃も多かったです。

「スイッチしながらの攻撃は凄く効果的だったわ。そこは作戦通りよ。フジノは最初から攻めて来る選手だから、スイッチをして攻撃の的を絞らせないための練習をずっとしてきたので。作戦がハマったわね」

──もう一つ、多くの攻撃は藤野選手の踏み出す瞬間を狙いパンチや蹴りを繰り出していたように見えました。

Vivi Jab「そこもその通りね。彼女はステップが一・二、一・二というリズムなので、その一の時にジャブを当てることが作戦だった。これまでの試合では、私の方からアグレッシブにパンチを打っていたんだけど、今日の試合は凄く落ち着いてセコンドの指示通り動くことができたと思う」

──テイクダウンも綺麗に決まりました。

「ある程度打撃で削ってから、寝技に持ち込むことも作戦通りよ。寝技になったら負けないという自信を持っていたから」

──藤野選手がそれでも前に出て来たことは、どのように思いましたか。

「素晴らしいハートの持ち主ね。彼女はサムライの心を持っている。去年、パンクラスで戦ったミウラもそうだし、ケージに足を踏み入れるファイターは、勝利を得るために全てを捧げている。その代表格がフジノだし、彼女と戦うことができて本当に良かった」

──2R、手数が減ったように見えましたが。

「決して疲れたということではないわよ。この試合は5R制だったから、ペース配分が欠かせなかった。だから、スタミナを調整しつつ戦ったということは確かね」

──パンクラスのチャンピオンになりました。これからの抱負を最後にお願いします。

「チャンピオンになったからには、ベルトを守ることが大切よ。これからタイトル防衛し続けるわ。アリガトゴザイマシタ!!」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY