この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep08】最終週でもハーディーが落選、UFCが能動的に育成に乗り出した??

7日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFCトレーニングセンターでDana White’s Tuesday Night Contender Series :Season 02 Episode 08 が開催された。

ダナ・ホワイト・コンテンダーシリーズ2018年の最終週が開催され、ボビー・モフェット、ケネディ・ンゼチェクウ、デヴァンテ・スミスの3選手がUFCとの契約を果たした。メインで同シーズン2度目の秒殺KO勝ちを収めた元NFLオールスター=プロボウル出場のグレッグ・ハーディーはキャリア2戦目で経験が必要ということでまたも契約とはならず。

UFCが望む試合展開で、結果を伴いながらも経験不足を指摘し契約に至らずというのでは、何のための舞台かということになりかねない。その一方で、ハーディーはUFCに上がらなくても事実上のズッファ配下選手として、経験を積む場を与えられているという見方もなりたつ。

18歳のチェイス・フーバーのようにUFCが自ら育成に関わると公言したように、世界最高峰ではファイターの純粋培養という路線も始まるやもしれない。


Dana White’s Tuesday Night Contender Series :Sason 02 Episode 08
<ヘビー級/5分3R>
○グレッグ・ハーディー(米国)1R0分17秒
TKO
詳細はコチラ
×ティバリス・ゴードン(米国)
<ライト級/5分3R>
○デヴァンテ・スミス(米国)1R2分52秒
KO
詳細はコチラ
×ジョセフ・ローリー(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ケネディ・ンゼチェクウ(米国)1R1分48秒
KO
詳細はコチラ
×デニス・ブライアント(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ボビー・モフェット(米国)2R1分02秒
ダースチョーク
詳細はコチラ
×ジェイコブ・キルバーン(米国)
<フェザー級/5分3R>
○アレックス・ギルピン(米国)2R1分15秒
アナコンダチョーク
詳細はコチラ
×JR・コフラン(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday