この星の格闘技を追いかける

【UFC227】ヒカルド・ハモスがカン・ギョンホとの接戦をテイクダウンで勝ち切る

<バンタム級/5分3R>
ヒカルド・ハモス(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
カン・ギョンホ(韓国)

田中路教に土をつけている者同士の一戦は、ハモスの後ろ回し蹴りでスタートした。距離をとるカンはハモスの前進に右を合わせる。ハモスも右を返し、カンが左リードフックを入れる。ハモスの後ろ回し蹴りの蹴り終わりに右を当てたカンは、右ストレートをヘッドスリップで避けていたが、ケージに詰まり連打にさらされる。

しっかりとパンチを打ち返し、間合いを確保し直したカンの右をハモスがダックでかわす。残り1分でダブルレッグに出たハモス、腹ばいでヒザをついたハモスはすぐにスタンドに戻る。カンはスピニングバックフィストに組みついてテイクダウンに成功。ハモスは背中を譲りつつ立ち上がり、胸を合わせて離れ主導権争いの初回が終わった。

2R、スイッチしながら戦うハモスが、オーソで右ローを入れる。続いて右を当てたハモスが、ボディを連続で打ち抜き右フックを当てる。動きが止まったカンだったが、蹴り足をキャッチして足払いでテイクダウンに成功しトップで息を整える。ガードからエルボーを入れるハモスは、カンに足を抜かせない。潜りからヒザ十字を狙ったハモスは、カンの右足を伸ばす。ワキで抱えようとした際に足を抜いたカンが、スクランブルでギロチンを狙うがすっぽ抜けてガードを強いられる。

腰骨を蹴って立ち上がったカンだが、ストレート系のパンチを被弾する場面が増えたか。残り5秒を切ってダブルレッグを決めたハモスがラウンドを明確に取った。

最終回、恐らくはこれまでのラウンドを取り合っている両者──勝負の5分も慎重な立ち上がりになる。そんななか右ストレートを当てたハモスが、右ボディを打ち込む。カンはローを返すも、パンチは見切られる。逆に左ジャブでリードするハモスに、カンの右フックが軽くヒットする。

カンはワンツーを入れるも、直後に左ジャブを被弾。それでもボディフックを打って、左ジャブを伸ばすカンに対して、ハモスも決定的な一打はない。残り1分、ワンツーで前に出たカンは、ハモスのシングルでテイクダウンを許してしまう。立ち上がったカンから離れたハモスは、無理に迫ることなくタイムアップまで流した。

テイクダウンを決めたハモスが最終回を取ったか──結果、スプリットに割れた一戦はハモスが勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY