この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#5】計量終了 エスクデロの試合は取り止め。川名雄生、ウェードのフォークを潰せっ!!

PFL2018#5【写真】この試合で勝ち点を挙げると、大きくプレーオフ進出が見えて来る川名。そして対戦相手のウェード(C)PFL

1日(水・現地時間)、2日(木・現地時間)にニューヨーク州ロングアイランドのナッソー・コロシアムで開催されるPFL2018#5の計量が行われた。


日本から出場する川名雄生は、対戦相手の元UFCファイターで開催地ロングアイランド在住のクリス・ウェードとともに問題なく計量をパスしている。しかし、第1戦で体重オーバーの末ジェイソン・ハイをギロチンで破ったエフライン・エスクデロは8ポンド以上も重く、イスラム・マメドフ戦はキャンセルされてしまった。

メインカードで現在10位(0点)のジェイソン・ハイが4位(3点)のナタン・シュルチと対戦し、1位(5点)のロバート・ウォルトリーが、3位(3点)のウィル・ブルックスと潰し合う今大会。ランキング2位(4P)のブライアン・フォスターが欠場しており、さらに6位(0点)のエスクデロとの試合は恐らくは不戦勝となるマメドフは1P加点の計4Pに留まることを考えると、現在7位(0点)の川名は、9位(0点)のウェードに勝利すればプレーオフ進出が大きく見えて来ることになる。

ウェードとのマッチアップを考えると──ウェードは川名にとって戦い易い点と戦い辛い点を合わせて持つ相手といっても良いだろう。まず川名にとって戦い易い点は、ウェードは打撃を得意としておらず、後ろ回し蹴りや飛びヒザなど変則的な動きを見せるものの、全てはテイクダウンに結びつけるもの。

この点を考えると、望むと望まざると川名が見せて来た乱打戦をウェードは警戒し、より組みへの意識が高まることが予想される。このテイクダウンを切ることで疲弊させることが可能になってくるに違いない。一方、川名が戦い辛い点は、そのウェードの組みが日本ではどれだけ経験できるのかという──独特なスタイルの持ち主だということだ。

フォークスタイル系リバーサルファイターといっても過言でもないウェードのレスリングは、非常に低い姿勢で足を取りにいき、両ヒザをついて必死に足をクラッチし上を取りに行く。一見、無理な姿勢と捉えがちな態勢こと、彼が最も得意とする状態でもある。

がぶられ、背中が伸びてからもロール系の動きで上を取り、ボディロックを許した状態でのスイッチ、コブラなどの切り返しでバックを取る。そんなウェードへの対応を怠ると、川名は蟻地獄のようなポジションコントロールに落としこまれてしまう。

打撃で圧力をかけ、頭を下げて組んできたウェードの頭を押し、足を抜く動作を繰り返し、差し合いに出て来たところの四つから柔道の足技で崩す。この連続で我慢強く、3Pを獲得したい川名だ。

一方ライトヘビー級では恐るべきことに、ランク3位のショーン・オコネルを筆頭に第1戦の出場したメンバーの12名のうち7選手が出場しないという状況に。獲得ポイントがない6選手が欠場し、新たにアルトゥル・アリブラトフを導入するなどレギュラー&ポストレギュラー・シーズン制というプラットフォームを遂行する難解さに直面しているライトヘビー級だ。

■PFL2018#5計量結果

<ライト級/5分3R>
ナタン・シュルチ: 155.4ポンド(70.48キロ)
ジェイソン・ハイ: 155.8ポンド(70.66キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴィニー・マガリャエス: 204.8ポンド(92.89キロ)
ブランドン・ホージー: 205.6ポンド(93.25キロ)

<ライト級/5分3R>
ウィル・ブルックス: 155.8ポンド(70.66キロ)
ロバート・ウォルトリー: 156ポンド(70.76キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マキシム・グリシャン: 204.2ポンド(92.62キロ)
ラキム・クリーブランド: 205ポンド(92.99キロ)

<ライト級/5分3R>
ラシッド・マゴメドフ: 155.6ポンド(70.57キロ)
ルイス・ブスカペ: 155.8ポンド(70.66キロ)

<ライト級/5分3R>
クリス・ウェイド: 155.2ポンド(70.39キロ)
川名有生: 155.8ポンド(70.66キロ)

<ライトヘビー級/5分5R>
ダニエル・スポーン: 205.2ポンド(93.07キロ)
アルトゥル・アリブラトフ: 201.4ポンド(91.35キロ)

<ライト級/5分3R>
イスラム・マゴメドフ: 155.2ポンド(70.39キロ)
エフライン・エスクデロ: 163.2ポンド(74.02キロ)

<ライト級/5分3R>
チアゴ・タヴァレス: 155ポンド(70.31キロ)
アルトゥル・エストラスラズ: 155.6ポンド(70.57キロ)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY