この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep04】1階級上でスプリットで競り勝ったアギラーは落選、エスピノーサとルイスが契約へ

<ライト級/5分3R>
ケヴィン・アギラー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョーイ・ゴメス(米国)

互いにステップインして、パンチを振るうスタートに。アギラーの踏み込みに、カウンターを合わせようとしていたゴメスが、ダブルレッグへ。これを切ったアギラーだが右フック、右アッパーを被弾する。ここで再び組んだゴメスがボディロックテイクダウンを決め、サイドで抑え込む。

足を戻されても、ガードの中から鋭い左のパンチを落とすゴメスが勢いのあるエルボーを打ち下ろす。蹴り上げからようやく立ち上がったアギラーが、右ボディストレートからダブルの左ジャブに。さらに左ジャブから返しの右フックを届かせる。ゴメスはアギラーの右ローに右フックを合わせる。アギラーは後ろ回し蹴り、左右のフックを振り回して初回が終了──ゴメスのラウンドとなった。

2R開始直後にワイルドなラッシュを掛けたアギラーが、フックの打ち合いで動きが止まったゴメスを押し倒すようなダウンを奪う。すぐに立ち上がったゴメスは、カウンター狙いもアギラーの勢いに圧されるように。その動きだしが見えない右ストレートを決めたアギラーだが、直後にダブルレッグでテイクダウンを奪われる。

クローズドが固めるアギラーに対し、ゴメスは小さなパンチを打つ。起き上がってパウンドを狙ったところで、アギラーに足を入れられ思うようにゴメスは攻めることができない。上下から細かいパンチを打ち合う両者、こうなるとトップを取っている方がポイント的は有利だ。残り40秒で立ち上がったアギラーは、パンチを交換してタイムアップへ。序盤のダウン奪取がどのように判断されるか。

最終回、左ジャブを連続で届かせるアギラーが、左リードフックを決める。さらに左ストレートを当てると、左フックを続けてヒットする。やや遠目の距離をキープする両者。アギラーもテイクダウンを警戒し、それほど手数が増えることはない。結果、ゴメスのテイクダウンを決まらず、試合は残り1分に。

前に出るようになったゴエスは、右ストレートを打たれながらダブルレッグを仕掛ける。アギラーは切って、左ジャブを伸ばす。残り10秒はより勢いを増したアギラーが右ストレートに続き左フック、もう一発左を当てて試合終了を迎えた。

フェザー級ながらライト級マッチに挑んだアギラー、ダナ・ホワイトは裁定を聞くことなく控室に姿を消した。そしてスプリットに割れた勝負は、アギラーに軍配があがった。

フィニッシュの是非が、契約できるかどうかに大きく関係している同シリーズ。結果、シーズン02エピソード04において、サインができたのはジョーダン・アスピノーサとベヴォン・ルイスの2人となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY