この星の格闘技を追いかける

【SHINE】新興MMAプロSHINE FIGHT代表インタビュー

2009.08.30

9月4日(金・現地時間)、マイアミで「ATT×WORLD」というイベントを開催するシャイン・ファイト・プロモーションズ。その代表のデヴィン・プライス氏は、1979年生まれの30歳。兄がドリアン・プライスというTUFシーズン6に出演したという若きプロモーターが、次回大会の見所と今後のプロモーション展望を語る。

――そもそもMMAのイベントを行なおうと思ったのは、どのような理由からなのでしょうか。

「プロモートを始めることに関しては、兄と話し合ってきたんだ。兄のドリアン・プライスはTUFシーズン6の卒業生で、私は兄のキャリアを見続けることで、多くのショーやプロモーションの経営というものも眺めてきた。

何よりも、私自身がMMAのファンだったからね。シャインは活動を開始してまだ間もない。一度、オハイオ州コロンバスでイベントを開き、今大会がまだ第2回大会なんだ。それなのにUFCやPRIDEで戦ったことがあるファイターを出場させることができて、凄くエキサイトしているよ。そんな選手たちから戦って良かったと言ってもらえるようなイベントにしたいね」

――兄のドリアン選手と同様に、デヴィンさんも格闘技の経験があるのですか。


「兄とは一緒にムエタイをやっていた。子供の頃はカラテとボクシングを習っていたし、ファイターにはならなかったけど、常に体は動かしてきたんだ」

――デヴィンさんにはMMA以外にも、プロモーション関係の仕事をしたことはあったのですか。

「私は大学で金融と経営学を専攻し、卒業しているから、MMAに影響を受けて、それをビジネスとして生かそうとするのは、ごく当然の流れだと思っている」

――つまりUFCの成功が、デヴィンさんを好きな道に進ませてくれたわけですね。

「UFCがMMAを一般の人々に広めてくれた。UFCはMMAの親善大使のようなものだ。シャインもそんな存在になれるよう努力するよ。私たちは貴重な機会に恵まれているわけだしね」

――UFCと並んで、ストライクフォースもSHOWTIMEの力を得て、MMAを一般層に広める役目を担うようになりました。

「UFCとストライクフォース、二つのメジャー・プロモーションは堅実な運営を行なっている。ただ、MMAというビジネスにはまだ他の人間が割り込むだけの余地が残っているはずだ。これだけの人材が揃ってくると、ファイターを独占することはできなくなる。シャインは新しいファン層を開拓して、MMAをもっと知らしめたい。その一歩が、9月4日の第2回大会になるんだ」

――マイアミで開かれる「ATT×ワールド」というコンセプトの大会ですね。

「マイアミはMMA、ファイティング・スポーツが定着しているファイティング・シティだ。そのマイアミを起点に、米国以外のマーケット進出を狙っている。シャインの活動を始めた時点で、国際的なブランドにすることを目指してきたんだ。

ATTは素晴らしい活躍をしてきた、最も優れたMMAジムの一つだ。チアゴ・アウベス、JZ・カバウカンチ、マイク・ブラウンと素晴らしいファイターを育ててきた。南フロリダを拠点にしているので、今回のイベントを思いついたんだけど、今後もどこか特定のジムが中心になるようなイベントにしようというつもりは決してない。

コロンバスで行なった第一回大会でも米国中のトップジムのファイターを投入したし、世界中から優秀な選手を招聘したいと思っている。マッチメイカーのドリアンとロン・フォスターは素晴らしい仕事をしてくれている。これからもっとイベント開催数を増やして、特に今も話を進めているけど、米国以外にも進出したいと思っている」

――では最後に日本人や日本のマーケットについて、どのような印象を持っていますか。

「僕はPRIDEが大好きだった。次の大会もPRIDEやDREAMに出場したことがあるファイターを登用している。今後は日本人ファイターもシャインのラインナップに加えていくつもりだよ」

■Shine 2対戦予定カード

<ウェルター級/5分3R>
ジョルジ・パチーユ・マカコ(ブラジル)
ホアン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ライアン・ハーレー(米国)
ルイス・ブスカペ・フィウミーノ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
フラービオ・アルバロ(ブラジル)
ジーン・シウバ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ジェイムス・ウォーフィールド(米国)
イーブス・エドワーズ(米国)

<ライト/5分3R>
ギデオン・レイ(米国)
ジュニオール・アスンソン(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
アンソニー・モリソン(米国)
ミカ・ミラー(米国)

<女子ミドル級/5分3R>
ヴァネッサ・ポルト(ブラジル)
エディエネ・ゴメス(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
ハーバート・グッドマン(米国)
ジェイムス・ブラスコ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
フィル・フライドマン(米国)
ブライアン・ヒューリー(米国)

<ライト級/5分3R>
ダニー・チャベス(米国)
ヨタナス・グージェウ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday