この星の格闘技を追いかける

【Pancrase297】試合結果 熱闘の連続も国際戦で厳しい現実を突きつけられる

Pancrase297【写真】久米鷹介、佐藤天とセミ&メインで日本人ファイターが敗退、ショッキングな夜となった(C)PANCRASE

1日(日)、東京都台東区の新木場スタジオコーストで開催されたPancrase297。

02セミで元UFCファイターのアントン・クイバネンを迎え撃ったライト級KOP久米鷹介は初回から、徳留一樹と倒した時のように打撃&組みが一体化したファイトを展開。

しかし、テイクダウン後にスクランブルでなくリバーサルを許したあたりから流れはクイバネンに。その流れを取り戻そうとした久米だが、空回りしてしまう。結果、強烈なパンチを被弾し、スクランブル中の打撃でダメージを深めてTKO負けとなった。

01一方、メインでは満を持してのウェルター級王座決定戦に臨んだ佐藤天が、序盤から打撃でグライコ・フランサを圧倒していく。しかし、ダメージとスタミナ切れで動きの落ちたフランサだが、ポジションを許してから返すという粘りを見せる。

そして迎えた4R、テイクダウンを許した佐藤は逆に動きが完全に止まってしまいRNCでタップを奪われた。佐藤と久米の敗北──世界を目指し、パンクラスをリードしてきた両者の敗北──厳しい現実を突きつけられた夜となった。

03セミ前には若松佑弥がマモルに圧勝、2Rに右ストレートから連打でベテランをキャンバスに沈めた。それぞのポジションでの勝負が掛かった上位カード。瀧澤謙太と小川徹はそれぞれTSUNEとタテキ・マツダをフィニッシュしステップを一歩上がったが、国際戦に挑んだライカはクセニヤ・グーセヴァに競り負けた。


Pancrase297
<ウェルター級KOP王座決定戦/5分5R>
○グライコ・フランサ(ブラジル)4R1分14秒
RNC
詳細はコチラ
×佐藤天(日本)
<ライト級/5分3R>
○アントン・クイバネン(フィンランド)2R4分54秒
TKO
詳細はコチラ
×久米鷹介(日本)
<フェザー級/5分3R>
○若松佑弥(日本)2R0分39秒
TKO
詳細はコチラ
×マモル(日本)
<バンタム級/5分3R>
○瀧澤謙太(日本)2R2分03秒
TKO
詳細はコチラ
×TSUNE(日本)

<フライ級/5分3R>
○小川徹(日本)1R2分40秒
TKO
詳細はコチラ
×タテキ・マツダ(日本)
<女子フライ級/5分3R>
○クセニヤ・グーセヴァ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ライカ(日本
<女子バンタム級/3分3R>
○東陽子(日本)3R
判定
×直DATE(日本)
<フェザー級/3分3R>
○滝田J太郎(日本)3R
判定
×木村 一成(日本)
<ストロー級ネオブラッドT決勝/3分3R>
○野田遼介(日本)3R
判定
×御代川敏志(日本)
<フライ級ネオブラッドT準決勝/3分3R>
○鈴木千裕(日本)3R
判定
×猿飛流(日本)
<フライ級ネオブラッドT準決勝/3分3R>
○杉山廣平(日本)1R2分21秒
RNC
×赤崎清志朗(日本)
<バンタム級ネオブラッドT準決勝/3分3R>
○野村優眞(日本)3R
判定
×平岡将英(日本)
<バンタム級ネオブラッドT準決勝/3分3R>
○大橋悠一(日本)1R0分30秒
TKO
×小川 準也(日本)
<フェザー級ネオブラッドT準決勝/3分3R>
○DARANI DATE(日本)3R
判定
×齋籐拓矢(日本)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY