この星の格闘技を追いかける

【Shooto/180617】打たれても引かないイム・ジョンミンを高野明が右クロスから左で仕留める

<フェザー級/5分3R>
高野明(日本)
Def.3R1分47秒by KO
イム・ジョンミン(韓国)

イムの右ボディに右を振り下ろす高野。右クロスを額で受け、左を返すイムが左前蹴りをくり出す。高野は左ジャブに右クロスを合わせ、スイッチしたイムと間合いを取り直す。右を当て、シングルに出た高野がダブルに切り替え尻餅をつかせる。立ち上がったイムが押し返すと、高野がバランスを崩す。

慌てて立ち上がった高野に対し、イムが左アッパーをヒットさせる。高野の右を届かせる。イムは左ハイを蹴り上げ、左ミドルからワンツーで前に出る。高野はイムのテイクダウン狙いを切るが、蹴り足を掴まれ右を被弾。さらに右フックを入れたイムに高野の左フックを返しタイムアップとなった。

2R、初回の終盤を盛り返したイムに対し、ショートの連打で前に出た高野。しかし、左を被弾してダウンし組んでテイクダウンへ。ネルソンで背中をつかせた高野だが、イムもスクランブルへ。立ち上がったイムのバックを取った高野は胸を合わせてボディロック、ダブルに移行して尻餅をつかせる。イムが背中をマットにつけ、試合がグラウンドで落ち着く。起き上がり、足首をコントロールしつつパンチを落とす高野は、足関節を果敢に仕掛ける。両者、同時に立ち上がりイムが左ミドル。イムは左フックを当て、高野が左ジャブを打ち返す。イムが飛びヒザ狙い着地したところでラウンドが終了した。

最終回、左右のパンチを当てて前に出るイム、高野とジャブを差し合う。足を止めての打ち合いで、高野の打たれてはフックを返す。イムがケージに高野を詰めてテイクダウン狙うも、すぐに離れる。圧力を高め前に出るイムだが、高野は右クロスを効かせ、腰が落ちる。すぐに戦闘態勢に戻ったイムを、高野が左フックで仕留めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY