この星の格闘技を追いかける

【WJJC2018】ライトフェザー級。宮地一裕、かく戦えり──チェ・ワンキとダブルガードの攻防戦

Miyachi【写真】韓国のパワフル柔術家チェ・ワンキに対し宮地はダブルガードを選択したクローズドに入ることはできなかった(C) SATOSHI NARITA

5月31日(木・現地時間)から3日(日・現地時間)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。ブラジリアン柔術の頂点を極める同大会レビュー、今回はライトフェザー級に出場した宮地一裕とチェ・ワンキの一戦を振り返りたい。


01<ライトフェザー級1回戦/10分1R>
チェ・ワンキ(韓国)
Def.3分55秒 by 送り襟絞め
宮地一裕(日本)

宮地の初戦の相手は、一昨年のアジア選手権でイザッキ・パイヴァを倒して脚光を浴びたチェ・ワンキ。試合開始後、お互い引き込んでのダブルガードからベリンボロを打ち合う展開に。ブレイク後、ダブルガードから宮地はいったん上を選択してアドバンテージを取るが、すぐに背中を付けてダブルガードに。

02その後50/50に足が絡んで両者が上下を交換する攻防があった後、ダブルガードから隙をついたチェが横回転。宮地の背中とマットの間に頭を滑りこませて、そのまま体をこじ入れながら登ってバックを奪取する。

宮地はチェの左足を抱えて耐えるが、ワンフックの状態で背後から襟を取られて襟絞めに捉えられる。タップこそしなかった宮地だったが落ちて、4分足らずでチェが2回戦進出を決めた。強靭なクローズドガードか持ち前の宮地は、戦いの幅を広げて臨んだムンジアル──2度目の世界挑戦は、ダブルガードの攻防を制されたことで、終幕を迎えた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY