この星の格闘技を追いかける

【WJJC2018】ルースター級完全優勝マルファシーニ、世界10度制覇を手土産にMMAに専念

Bruno Marfacine【写真】この雄姿をもうムンジアルの舞台で見ることができなくなる、そして彼を越えていく者が見られなくなるのは非常に残念。ブラジリアン柔術のルースター級は一つ時代が終わった (C) SATOSHI NARITA

5月31日(木・現地時間)から3日(日・現地時間)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。ブラジリアン柔術の頂点を極める同大会レビュー、第4回は芝本幸司を破ったイアゴ・ガマの準決勝と、絶対王者ブルーノ・マルファシーニの優勝の軌跡を追いたい。


01<ルースター級準決勝/10分1R>
ホドネイ・バルボーザ(ブラジル)
Def.8分32秒by 送り襟絞め
イアゴ・ガマ(ブラジル)

両者引き込みから上を選択したバルボーザは、低くパスのプレッシャーをかける。やがてバルボーザはレッグドラッグからダイブし、マットとガマの体の間に滑り込んでのバック狙いに。トラックポジションからのツイスターフックで足を絡めたバルボーザは、さらに登って襟を掴むところまで進むが、それでも動いて体をズラしたガマはリバースハーフの上の体勢になった。これでバルボーザの進攻をディフェンスしていたガマが2点を得て、バルボーザにはバック取りのアドバンテージのみが与えられた。

上になったガマは、目の前のバルボーザの足を取ってヒザ十字でアドバンテージを取り返す。しかし背中を向けているガマに対し、バルボーザは再び足を絡めてトラックポジションを作る。先ほどはここからガマに体をずらされたバルボーザは、今度はその隙を与えずにすぐに両足フックを完成。そのまま送り襟絞めでタップを奪ってみせた。

驚きの圧倒的勝利を挙げたバルボーザ。芝本がガマに敗れた時点で誰もが予想したであろう──マルファシーニ&ガマによるアリアンシ勢のクローズアウトを阻止してみせたのだった。特筆すべきはこのバルボーザは昨年のヨーロピアンでは芝本に、世界大会では橋本に敗れていることだ。その彼が現在、橋本と並び二大巨頭にもっとも近い位置にいるのではと思われたガマ相手に、終始攻め続けての完勝。最軽量級の層の厚さが、ここでも実証されることになった。

02<ルースター級決勝/10分1R>
ブルーノ・マルファシーニ(ブラジル)
Def.4分32秒 by 腕十字
ホドネイ・バルボーザ(ブラジル)

03引き込んだバルボーザは、マルファシーニの右足にハーフで絡む。上からバルボーザの襟を取り、押し付けるようにプレッシャーをかけるマルファシーニ。対するバルボーザはマルファシーニのラペルを引き出して左手で取ると、足を絡めたままシットアップしてマルファシーニを後ろに倒す。しかしマルファシーニは慌てずその勢いで後転して再び上になってみせた。

04自由な方の左足を大きく開く形でバランスを取るマルファシーニは、やがて前に体重をかけてバルボーザの左ワキを掬うことに成功し、そのまま胸を合わせてゆく。バルボーザはラペルこそ握っているものの、制圧されかけている形だ。マルファシーニはさらに重心を前に持って行きながら、左ワキをすくっている右腕をさらに深くこじ入れてゆく。そうしてバルボーザのラペルグリップを破ったマルファシーニは、両腕を使ってその左腕を伸ばしつつ、ヒジを圧迫してタップを奪った。開始僅か5分足らず、絶対王者が5連覇を決めた。

05マルファシーニはこれで実に10度目の世界制覇。07年に世界を初制覇して以来、08年と13年を除いて全て制覇していることとなる。しかも今年はカイオ・テハ不在とはいえ、全試合圧倒的な一本勝利という、例年にも増して図抜けた強さを見せつけての優勝だ。

長年世界中の強豪たちから警戒され攻略法を研究されている状況でこのパフォーマンスは、超人的としかいいようがない。見方を変えるなら、自らの攻略法を研究した世界の強豪たちを迎え撃ち、それをことごとく退けてきたからこそ、王者はこのような進化を遂げたのだろう。

圧倒的な身体能力と反応速度を誇るマルファシーニ。同階級の人間が、彼と技比べをして勝つことはあまりに困難であるがゆえに、攻略には自らの可動性を犠牲にしてでも、その身体を何らかの形で縛り、膠着状態に持ち込むことがほぼ前提となっているのが現状だ。

15年のジョアオ・ミヤオはワームガードを、昨年のテハはアキレスグリップを最後までキープして、いわば自分の肉体と道連れにするような形でマルファシーニの動きを封じポイント上で追い詰めた。こうして世界超一流の技術と戦略を誇るライバル達が、猛獣を罠にかけるが如くあらゆる手段を講じてきてなお、マルファシーニは最後には状況を打開し優勝を重ねてきたのだ。

準決勝で橋本得意のデラヒーバの絡みをあっという間に抜き去り、決勝のバルボーザ戦でいとも簡単にそのラペルグリップをブレイクしてのけた驚異の身体操作は、これまでのライバル達との激闘が生んだ進化の表われなのだろう。追う者以上に、頂点に立つ者が可能性の限界を広げてしまう柔術とは、なんと奥の深いものなのか──そんな柔術の素晴らしさを体現してきたマルファシーニは、まだ31歳ということを考えても、今後も世界を制覇し続けるであろう──と誰もが思っていたその時、黒帯を自らの腰から外すとマットに置いて一礼しマットを去る。

06そして帯を畳に残したまま観客席のアリアンシ応援席に飛び込んだ絶対王者は、MMAに専念するため競技柔術からの引退を表明したのだった。マルファシーニは既にATTでMMAの練習を積み、この1年で2戦2勝、2つの一本勝ちを手にしている。

一人果てしない高みに立つ最強の男が姿を見せなくなる来年のムンジアル──最軽量級の優勝争いはさらに激しいものになるだろう。同時に日本人初の男子黒帯世界王者が誕生する可能性は、格段に高まることになる。

■WJJC2018ルースター級リザルト
優勝 ブルーノ・マルファシーニ(ブラジル)
準優勝 ホドネイ・バルボーザ(ブラジル)
3位 橋本知之(日本)、イアゴ・ガマ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY