この星の格闘技を追いかける

【UFC225】徹頭徹尾、前に出て組みつき続けたコビントンがドスアンジョスを下し、暫定ウェルター級王者に

<UFC暫定世界ウェルター級王座決定戦/5分5R>
コルビー・コビントン(米国)
Def.3-0:49-46.48-47.48-47
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)

試合開始直後にテイクダウンからバックコントロールの態勢となったコビントンが、前方へ崩しからバックを伺う。胸を合わせたドスアンジョスはウィザード、コビントンは左エルボーを入れて離れる。ドスアンジョスは左ロー、左フックを打ち込む。そのまま組んだコビントンがケージにドスアンジョスを押しこむが、ヒザをボディに受ける。右を差して離れたドスアンジョスに対し、コビントンが左ハイから組んでいく。

ここもすぐに距離を取ったドスアンジョスはボディアッパー、必死に組み来るコビントンにエルボーを入れ、首相撲からヒザを突き刺す。右ボディアッパー、ヒザを腹に受けたコビントンは組んでもテイクダウンを奪えない。ドスアンジョスが左ボディに続き、右トレートをヒットさせ、右ミドル、右ストレート、左ローと打撃でリードする。ローの蹴り合いから、ドスアンジョスをケージに押しこんだコビントンだが、そのままテイクダウンは奪えず初回が終わった。

2R、左右のフックで前に出たコビントンがテイクダウンからバックへ。初回と同じような展開の中でドスアンジョスは胸を合わせる。コビントンは左エルボーを当て、そのままケージにドスアンジョスを押しこみ続ける。回り込んで離れたドスアンジョスが右ミドル、コビントンはテイクダウン狙いは続くが、ドスアンジョスがワキの下からアッパーを打ち込む。直後に背中を抱えるような形になり尻餅をつかされたドスアンジョスだが、すぐに立ち上がって右ボディアッパーを決める。

押しこむコビントンの腹にヒザを入れたドスアンジョスは、離れて左をヒットさせる。コビントンも左右のパンチを振るい、アッパーを当て組みつく。手首をはがしてヒザをボディに当てて離れたドスアンジョスに対し、コビントンがテイクダウンからバックに。ドスアンジョス立ち上がって胸を合わせ、間合いを取り直したところで2Rが終了。この回は前に出てテイクダウンを決めたコビントンのラウンドとなったか。

3R、左を当てられてなお前に出て組み付いたコビントン、回して離れたドスアンジョスがワンツーを入れる。ここも下がらないコビントンがパンチを当てて組み付く。ヒザ蹴りを入れて押し返すドスアンジョスだが、ケージに押しこまれる。自らリリースしたコビントンが右ミドルを蹴り、ダブルレッグへ。尻餅をつかせバックに回ったコビントンは徹底して、同じ戦法で圧力を掛ける。

前蹴りが急所に当たり、ドスアンジョスがインターバル要求。再開後、ダーティボクシングのコビントンに対し、ドスアンジョスがミドルを入れる。ひたすら組みつくコビントンは、ドスアンジョスをケージに押しこむ。距離ができるとワンツー、アッパー、ヒザを見舞うドスアンジョス。コビントンはやはり組んでいくが、すぐにドスアンジョス間合いを取り直す。

フックの連打で前に出て組んだコビントンがバックへ。ドスアンジョスとコビントン、どちらが体力&精神力で上回るか、完全に持久戦の様相を呈してきた。

4R、開始直後に左を思い切り打ち込んだドスアンジョス、首相撲を押し返すコビントンはさすがに軸が乱れるようになっている。と、ダブルレッグを切ったドスアンジョスが逆にダブルレッグを決めてパス。正対したコビントンは起き上がってケージにドスアンジョスに組みつく。離れたドスアンジョスは簡単にダブルレッグを決めると、スクランブルでバックに回る。ケージにもたれて耐えるコビントンの足を払い、細かいヒザを入れたドスアンジョスは、胸を合わさせてくると離れてパンチを当てる。

コビントンは組んでも、抑える力がなくダブルレッグを必死に切る。レベルチェンジできず、自ら離れたコビントンのロングフックにドスアンジョスが右を返す。クリンチを維持できないコビントンは、それでもパンチを振るってシングルレッグを決める。ついに背中をマットにつけたドスアンジョスが、ハーフガードを取ったところで5分が過ぎた。

最終回、すぐに組んだコビントンがボディロック、さらにバックに回り込む。距離を取ったコビントンの前進に飛びヒザを見せたドスアンジョスだが、直後に組まれてバックを許す。土壇場に来て動きが落ちたのは、ドスアンジョス。コビントンは右の蹴りから組んでケージにドスアンジョスを押しこむ。バックを譲ったドスアンジョスは、距離ができると右ミドルを蹴っていく。コビントンはロングフックを振るって、組みへ。徹頭徹尾、攻撃手段が変わらないコビントンは、左を当てられ姿勢を乱す。

ドスアンジョスがテイクダウンを狙うが、切ったコビントンが引く姿勢で組んでいく。右を差し上げ、シングルに出たコビントンに、ドスアンジョスがキムラクラッチでスイープを狙う。スクランブルから立ち上がった両者、コビントンの右が当たりダブルレッグへ。ケージを背負ったドスアンジョスは、コビントンがパンチに出ると右ミドルを蹴り込んだ。

ここで5Rが終了、やりたいことをやり抜いたのはコビントンだが、倒せない押し込みをどのように評価されるか。結果、3‐0で暫定王者に輝いたコビントンが「本当の米国人としてすべきは、チャンピオンベルトをホワイトハウスのドナルド・トランプの机に置くことだ」と発言し、ブーイングを浴びた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY