この星の格闘技を追いかける

【Quintet FN01】チームU・中村「それぞれが個性を発揮して」×チームハレオ・徳留「誇りに思う」

Quintet FN01【写真】4チーム、全20名の出場選手たち (C) MMAPLANET

8日(金)、東京都目黒区のキッス・エンタテインメントにて明日9日(土)に江東区ディファ有明で開催されるQUINTET Fight Night in Tokyo-Light Weight Team Championshipの記者会見が行われた。

チームHALEO、チームCARPE DIEM、チームTOKORO PLUS、チームU-ZUKIDOの4チームが出場する今大会。初戦で対戦するチーム単位で出場順に入場、そしてチーム毎にメンバーが抱負を述べ、4チーム揃っての質疑応答がとり行われた。

ここではチームU-ZUKIDOとチームHALEOの選手たちの抱負をお届けしたい(要約)。


U-Zukido【チームU-ZUKIDO/357.9キロ】

先鋒
佐藤光留
「今回出ている選手のなかでプロレス、総合、グラップリング含めて一番多く人前に出ている人間はダントツで自分です。技術とかレベルとか体重とか色々とあると思うのですが、そのタフさで全部勝ち抜いて優勝したいと思います」

次鋒
井上学
「Quintetに出場させていただいて、大変光栄に思っています。凄いメンバーのなかで戦えて、非常に嬉しく思っています。プロレスリングも寝技、グラップリングでも出来るんだぞというところを見せたいと思います。ホント、舐められたくないので精一杯戦います」

中堅
濱岸正幸
「強い人達しか本当に出ないような大きな舞台に呼んでいただいて、本当に有難く思っています。自分もMMAではグラップリングを武器に戦ってきました。苦しい状況でも我慢でして一本取ることにトライしてきたので、同じスタイルで一生懸命トライしていきたいと思います」

副将
ビクター・ヘンリー
「最初に、また日本に戻って来ることができてエキサイトしている。ここにいる全てのグラップラーたちと、自分のルーツであるスネークピットを代表して戦うことに興奮している。明日は皆が良い試合をするつもりだし、僕もそうだ」

大将
中村大介
「我ながら良いメンバーを揃えることができたと思っているので、それぞれが個性を発揮して大暴れしてほしと思っています。優勝します」

Haleo【チームHALEO/357.6キロ】

先鋒
徳留一樹
「チーム・ハレオの一員になれたことを誇りに思います。自分で先鋒でいきたいと言ったので、しっかりとその仕事ができるよう一本を狙っていこうと思います」

次鋒
金原正徳
「この素晴らしいメンバーの一員になれたことを本当に誇りに思います。僕の前に徳留、そしてサトシ、小見川先輩、宮田さんと素晴らしいメンバーの一員になれたので、ノビノビと盛り上げたいと思います」

中堅
ホベルト・サトシ・ソウザ
「ただ明日の試合にエキサイトしている。ベストファイターが揃ったし、ベストファイトを見せたい」

副将
小見川道大
「前回は柔道ドリームチームとして参戦させていただいたのですが、今回はハレオ・チームということで見ての通り、それぞれMMA、柔術、レスリング、それと僕の柔道と皆が軸を持ったチームのなかで、僕の一番得意な形に拘りながらチームの優勝に貢献できるように頑張りたいと思います」

大将
宮田和幸
「明日は日本の最高のグラップラーが集まっていると思うので、そのなかで良い試合をしたいと思います」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY