この星の格闘技を追いかける

【UFC102】ヒョードル獲得ならずとも、拡充進むヘビー級

2009.08.28

(C) MMAPLANET29日(土・現地時間)にポートランドのローズガーデン・アリーナで行なわれるUFC102『COUTURE vs NOGUEIRA』では、プレリミナリーファイトで3試合のヘビー級マッチが組まれている。皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードル獲得に失敗したUFCだが、9月に中継が始まるTUFシーズン10は史上初ヘビー級のみのショーとなるように、ブロック・レスナーを頂点とする最重量階級の拡充に余念がない。

【写真】カナダのみでキャリアを重ねたティム・ヘイグ。トッド・ダフィー戦から、TUF10出演ファイターたちとの出世争いは始まっている (C) MMAPLANET

メインが地元ランディ・クートゥアー×アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのヘビー級となる同大会、アンダーカードでもガブリエル・ナパォン×クリス・トゥクシャー、ジャスティン・マッコーリー×マイク・ルソウ、ティム・ヘイグ×トッド・ダフィーの3試合がラインナップされている。


7月終盤から8月初旬にかけて、ヒョードルの獲得に動いたが、実現には至らなかったズッファUFC。最重量級のファイトは、米国格闘技界で今も一番人気を誇るだけに、皇帝獲得はならなくとも人材育成には余念がない。

9月に放送が開始し、12月に決勝戦が行われるTUF10では、コーチ役のランペイジ・ジャクソン、ラシャド・エヴァンズを差し置いて、参加ファイター達に注目が集まっている。

その筆頭がキンボ・スライスであり、また他の出演者のなかにはIFL世界ヘビー級王者だったロイ・ネルソン。ウェズ・シムズに代表されるUFCベテラン達、あるいはタンパベイ・バッカニアーズで活躍したグレイシー・タンパ所属のマーカス・ジョンズら元NFL勢と、興味深い出演者の名前が並んでおり、今大会でナパォンと対戦するトゥクシャーも出演候補の一人だったが、ズッファ・スカウト陣が実績を考慮し、TUFを通過せず本戦デビューとなった。

MMAデビュー戦でクリストフ・ソジンスキーを下し、その後もダコタFC、エクストリーム・チャレンジ、マックス・ファイティングというローカル・ヘビー級王座を獲得しているトゥクシャー。旧UFC首脳陣が昨年4月に開いたYAMMAピットファイティングのヘビー級トーナメントでは準優勝、MMA通算17勝1敗という戦績を挙げる躍動力となっているのは、ミネソタ州立大で培ったレスリング、そしてミネソタMAアカデミーでのトレーニングにある。

つまり、現UFC世界ヘビー級王者ブロック・レスナーからWWE時代を差し引いたキャリアを重ねてきたのが、このトゥクシャーだ。対戦相手は、キャリア5戦目でKOTCカナディアン・ヘビー級王座に就いたトム・ヘイグ。幼稚園の先生だった彼は、カナディアン・メジャーを目指したHCFでセルビアのミオドラグ・ペトコビッチと敗れるも、Rawコンバットでリベンジを果たし、UFCデビューを果たした。

パット・バリーを破ったUFC98まで、前述のKOTCカナダ、HCF、そしてRawコンバットとカナダのイベントだけを経験してきたというレア・ケースのファイターだ。ヘイグの対戦相手のトッド・ダフィーはボビー・ラシュリー、マリオ・リナルディと並びATT期待の重量級三銃士だ。

PRIDEベガス大会に参戦し、やれんのかで来日を果たしたマイク・ルソウも11勝1敗の戦績を引っ提げてUFCデビューを果たす。対戦相手は大道塾やパンクラスと日本とも縁深いジェスティン・マッコーリーだが、ここは豪快な勝利を挙げることが期待されるようなマッチメイクといえるだろう。

ショーン・カーウィンが次期チャレンジャーに噂される発展途上のUFCヘビー級戦線でTUFシーズン10中継が開始する直前に組まれたファイトは、今後のステップを考慮すると非常に重要となってくる。また、同大会で実現が噂されていたライト級の一戦、マーカス・アウレリオ×エヴァン・ダナムの一戦もようやく正式発表された。

■UFC102対戦予定カード

<ヘビー級/5分3R>
ランディ・クートゥアー(米国)
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
キース・ジャーディン(米国)
チアゴ・シウバ(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
クリス・レーベン(米国)
ジェイク・ロショルト(米国)

<ミドル級/5分3R>
ネイト・マーコート(米国)
デミアン・マイア(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
クリストフ・ソジンスキー(カナダ)
ブランドン・ベラ(米国)

<ミドル級/5分3R>
エド・ハーマン(米国)
アーロン・シンプソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ガブリエル・ゴンザガ(ブラジル)
クリス・トゥクシャー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ジャスティン・マッコーリー(米国)
マイク・ルソウ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ティム・ヘイグ(カナダ)
トッド・ダフィー(米国)

<ミドル級/5分3R>
ニック・カトーネ(米国)
マーク・ムニョス(米国)

<ライト級/5分3R>
マーカス・アウレリオ(ブラジル)
エヴァン・ダナム(米国)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY