この星の格闘技を追いかける

【UFN129】ノンストップの攻防から、ノンストップのドミネイトへ。リーがマセドを3‐0で下す

<女子フライ級/5分3R>
アンドレア・リー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ヴェロニカ・マセド(ベネズエラ)

左ローを蹴ったリーに対し、粗めのワンツーを放つマセド。リーは首相撲からヒザ蹴りを連続で腹に放っていく。離れたマセドは後ろ回し蹴りと序盤から激しい攻防が見られる一戦は、リーの左右のボディフックからマセドが組んでケージ際に移動する。体を入れ替え合いながら、リーはヒザ&エルボーを打ち込む。引き続き首相撲からヒザを入れるリーはワキを括ってバックに回り、後方からパンチをマセドの顔に入れると、後方へテイクダウン。

リーは寝技に移行せず、ロー、そしてカカト落としを見舞う。試合がスタンドに戻ると、マセドが伸びのある左ハイを2発放ち組みへ。腰に担いで投げたリーは、そのままバックマウントを奪取してエルボーを打ちつける。マセドは腰を上げてディフェンスし、リーが腕十字を狙ったところでノンストップアクションの初回が終わった。

2R、すぐにクリンチの展開となりリーがヒザ蹴りをわき腹の当たりに突き刺し首投げを決める。スクランブルから上を取り切ったリーは、担ぎパス狙いからスタンドに戻り、足を掴んでローを続ける。離れてもローを蹴るリーに対し、マセドは背中をつけてカカトを振り上げていく。

残り2分でブレイクが掛かり、スタンドに戻ったマセドはワンツーを繰り出し、リーは組んでヒザ狙い。マセドはボディにアッパーを入れ、テイクダウンへ。スクランブルで背中に乗り切れず下になったマセドがヒザ十字を狙う。ヒザを抜いたリーはトップを取って肩固めを仕掛ける。足を抜いてニーインベリーからマウンドを取ったリーに対し、マセドはケージを蹴ってスクランブル。両者が立ち上がったところで初回が終わった。

最終回、マセドのワンツーに組んだリーは、すぐにリリースする。直後に組みついたリーは、マセドの前転をすかしてトップを奪う。バックコントロールからパンチを落とし、立ち上がったリーがガードを取るマセドにローを蹴る展開に。

ここもブレイクが掛かり、マセドがスタンドに戻るがリーはボディロックテイクダウンを決める。マウントからバックマウントに移行したリーはハーフネルソンで固めてヒジ打ちへ。マセドの前転に合わせて腕十字からハイガードを取ったリーは、持ち上げられそうになるとガードを解いて下を選択。直後にタイムアップを迎え、フルマークでリーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY