この星の格闘技を追いかける

【Pancrase296】試合結果 上田将勝、敗れてなお有終の美。藤野恵実はジェイコブセンとの死闘制す

Pancrase294【写真】上田将勝のラストファイトは、ハファエル・シウバに及ばず。バンタム級暫定王者はシウバに(C)PANCRASE

20日(日)、東京都台東区の新木場スタジオコーストで開催されたPancrase296 のメインで、12年に及ぶMMAファイター人生に幕を下ろした。

Ueda vs SIlvaこれが最後と決めたデカゴンで、1年10カ月前のリベンジ戦となった暫定バンタム級王座決定戦=ハファエル・シウバに挑んだ上田将勝だが、シウバの絶妙のバックコントロールの前に攻勢に出ることはできず、5R判定負けとなり現役生活に別れを告げた。

Fujino vs Jacobsenセミの女子ストロー級戦は藤野恵実とシャロン・ジェイコブセンが、殴り合い、ケージレスリングで真っ向勝負。両者、死力を尽くしフラフラになりながら3Rをフルに戦い、藤野が判定勝ちを収めている。

Tom Santos3月に続き、早くも2度目の参戦となったトム・サントスは冨樫健一郎を初回KO、村山暁洋も奈良貴明を右で倒し、RNCで落とし一本勝ちし再度、ウェルター級の頂点を目指すことを宣言した。

Kitakataメインやセミに劣らず好勝負となったのが、ストロー級トップランカー対決=井島裕彰×北方大地だった。パンチにはパンチ、スクランブルにはスクランブルという意地の張り合いが続き、激しくポジションと攻守が入れ替わるノンストップ・アクションとなった一戦は、北方がギロチンで一本勝ちを収め、砂辺光久への再チャレンジをアピールした。


Pancrase296
<ストロー級暫定王座決定戦/5分5R>
○ハファエル・シウバ(ブラジル)5R
判定
詳細はコチラ
×上田将勝(日本)
<女子ストロー級/5分3R>
○藤野恵実(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×シャロン・ジェイコブセン(米国)
<ライト級/5分3R>
○トム・サントス(ブラジル)1R3分43秒
KO
詳細はコチラ
×冨樫健一郎(日本)
<ウェルター級/5分3R>
○村山暁洋(日本)1R0分48秒
RNC
詳細はコチラ
×奈良貴明(日本)
<バンタム級/5分3R>
○藤井伸樹(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)
<ストロー級/5分3R>
○北方大地(日本)1R2R0分44秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×井島裕彰(日本)
<ウェルター級/3分3R>
○中村邦夫(日本)1R0分07秒
TKO
×高木健太(日本)
<フライ級/3分3R>
○上田将竜(日本)3R
判定
×倉岡幸平(日本)
<バンタム級/3分3R>
○林太陽(日本)3R
判定
×清水俊一(日本)
<ライト級/3分3R>
○小林裕(日本)3R
判定
×網潤太郎(日本)
<フェザー級ネオブラッドT準決勝/3分3R>
○亀井晨佑(日本)3R
判定
×小島勝志(日本)
<バンタム級ネオブラッドT1回戦/3分3R>
○小川隼也(日本)3R
判定
×平田純一(日本)
<ライト級/3分3R>
○高橋弘(日本)3R
判定
×上田厚志(日本)
<ストロー級/3分3R>
○三谷敏生(日本)2R0分34秒
ギロチンチョーク
×杉浦弘幸(日本)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY